奥山由之の写真集『Girl』が7年ぶり復刊 『写真新世紀』優秀賞の代表作

奥山由之の写真集『Girl』の復刊が決定。9月14日に刊行される。

1991年生まれの写真家、映像作家の奥山由之。2011年に『第34回写真新世紀』優秀賞、2016年に『第47回講談社出版文化賞』写真賞を受賞したほか、never young beachのPVなどを手掛けている。

2012年に発表された写真集『Girl』は『第34回写真新世紀』優秀賞を受賞した代表作を収めたもの。デザインは尾原史和が担当した。

同書について奥山は「思い出せるけど見えない、記憶の記録。確か、こんな感じだった」とコメント。また岸田繁(くるり)は「若冠21歳の、誰もがなりたくてもなれない、『磨かれた感性と普遍的な職人気質のクロスオーヴァー』。必見です」、デザイナーの森永邦彦(ANREALAGE)は「目にみえないものは写真には写らない。そんなものは嘘だ。写真には写らない美しさがこの本につまっている」と述べている。

奥山由之のコメント

色や音、匂い、温度。安らぎと焦りと。乾き、悲しみ。光と陰。
心の浮遊。気持ちの揺らぎ。
どこまでも続く、緩やかな憂鬱。
思い出せるけど見えない、記憶の記録。
確か、こんな感じだった。

岸田繁(くるり)のコメント

写真のことはよくわからんが、この人が撮っているのは、まぎれもなく「写真」であります。
若冠21歳の、誰もがなりたくてもなれない、「磨かれた感性と普遍的な職人気質のクロスオーヴァー」。
必見です。

森永邦彦(ANREALAGE)のコメント

写真には写らないあの人の匂いがあるから。
写真には写らないあの人の声があるから。
写真には写らないあの人の感触があるから。
写真には写らないあなたの葛藤があるから。
だから僕はあなたの写真が好きなのだと思う。
嗅覚、聴覚、触覚、そして、こころ。
目にみえないものは写真には写らない。
そんなものは嘘だ。
写真には写らない美しさがこの本につまっている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 奥山由之の写真集『Girl』が7年ぶり復刊 『写真新世紀』優秀賞の代表作

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて