ニュース

奥山由之の写真集『Girl』が7年ぶり復刊 『写真新世紀』優秀賞の代表作

奥山由之『Girl』表紙
奥山由之『Girl』表紙

奥山由之の写真集『Girl』の復刊が決定。9月14日に刊行される。

1991年生まれの写真家、映像作家の奥山由之。2011年に『第34回写真新世紀』優秀賞、2016年に『第47回講談社出版文化賞』写真賞を受賞したほか、never young beachのPVなどを手掛けている。

2012年に発表された写真集『Girl』は『第34回写真新世紀』優秀賞を受賞した代表作を収めたもの。デザインは尾原史和が担当した。

同書について奥山は「思い出せるけど見えない、記憶の記録。確か、こんな感じだった」とコメント。また岸田繁(くるり)は「若冠21歳の、誰もがなりたくてもなれない、『磨かれた感性と普遍的な職人気質のクロスオーヴァー』。必見です」、デザイナーの森永邦彦(ANREALAGE)は「目にみえないものは写真には写らない。そんなものは嘘だ。写真には写らない美しさがこの本につまっている」と述べている。

奥山由之のコメント

色や音、匂い、温度。安らぎと焦りと。乾き、悲しみ。光と陰。
心の浮遊。気持ちの揺らぎ。
どこまでも続く、緩やかな憂鬱。
思い出せるけど見えない、記憶の記録。
確か、こんな感じだった。

岸田繁(くるり)のコメント

写真のことはよくわからんが、この人が撮っているのは、まぎれもなく「写真」であります。
若冠21歳の、誰もがなりたくてもなれない、「磨かれた感性と普遍的な職人気質のクロスオーヴァー」。
必見です。

森永邦彦(ANREALAGE)のコメント

写真には写らないあの人の匂いがあるから。
写真には写らないあの人の声があるから。
写真には写らないあの人の感触があるから。
写真には写らないあなたの葛藤があるから。
だから僕はあなたの写真が好きなのだと思う。
嗅覚、聴覚、触覚、そして、こころ。
目にみえないものは写真には写らない。
そんなものは嘘だ。
写真には写らない美しさがこの本につまっている。

奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
奥山由之作品
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も