ニュース

『カツベン!』劇中無声映画キャストに城田優、草刈民代、上白石萌音ら

『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会

周防正行監督の新作映画『カツベン!』の追加キャストと場面写真が公開された。

「映画」がまだサイレントで「活動写真」と呼ばれていた大正時代を舞台に、一流の活動弁士を目指す青年・俊太郎の夢や恋、青春を描く同作。俊太郎役を映画初主演となる成田凌、ヒロインの梅子役を黒島結菜が演じる。公開日は12月13日。

今回出演が明らかになったのは、草刈民代、城田優、上白石萌音、シャーロット・ケイト・フォックスの4人で、劇中に登場する無声映画『椿姫』『金色夜叉』『南方のロマンス』の出演者にキャスティング。『椿姫』のマルギュリット役を草刈民代、アルマン役を城田優、『金色夜叉』のお宮役を上白石萌音、『南方のロマンス』のヒロインをシャーロット・ケイト・フォックスが演じている。なお、本編に登場する無声映画は全て周防監督の撮り下ろし作品で、『南方のロマンス』は『カツベン!』のために制作されたオリジナル作品となる。

あわせて4人のコメントが公開。草刈は「城田さんは劇中の扮装がピッタリ!短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました」、城田は「実在した無声映画を観ながら、監督や草刈さんとともに、お芝居のタイミングや手の角度まで、細部にこだわり、完全再現しました。非常に“時代”を感じられる仕上がりになっていると思います」と語っている。

上白石は「6年ぶりの周防組は、久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました」、シャーロット・ケイト・フォックスは「この作品に参加させていただいた時間はとても素晴らしかったです。劇中劇は『風と共に去りぬ』に似た世界観で、とてもワクワクしました!」と述べている。

公開された場面写真は『椿姫』『金色夜叉』『南方のロマンス』のシーンを捉えたもの。草刈演じるマルギュリットと城田演じるアルマンがキスする場面や、上白石演じるお宮が男性を見つめる様子、ストールを羽織ったシャーロット・ケイト・フォックスの姿などがモノクロで写し出されている。

草刈民代のコメント

城田さんは劇中の扮装がピッタリ!短い時間でしたが、私の方もすぐに役に入れました。
私は外人の役ですが、試写でご覧になった方で、何人か全く私に気づかなかった方がいらして、すごく嬉しかったです!
椿姫はバレリーナ時代にも踊ったことがあった作品でした。こういう形でまた同じ役ができるのは楽しいことです。

城田優のコメント

今回の役は、いかに見本になった無声映画に近づけられるかがポイントでした。基本的には、感情の部分より、物理的な動きに関してのやり取りが多かったので、周防監督には、是非また違う作品で、“お芝居”の演出を受けたいと心から願っております。今回は、実在した無声映画を観ながら、監督や草刈さんとともに、お芝居のタイミングや手の角度まで、細部にこだわり、完全再現しました。非常に“時代”を感じられる仕上がりになっていると思います。

上白石萌音のコメント

6年ぶりの周防組は、久しぶりに実家に帰る時のような、懐かしさ、温かさ、少しの緊張とくすぐったさがありました。
カタカタと音を鳴らして回るフィルムに、映画の長い歴史を感じました。その一部になれたこと、本当に嬉しかったです!

シャーロット・ケイト・フォックスのコメント

この作品に参加させていただいた時間はとても素晴らしかったです。
劇中劇は「風と共に去りぬ」に似た世界観で、とてもワクワクしました!子供の頃初めて観た映画の一つだったので思い出深く、なんとも美しい素敵なシーン。監督をはじめ、皆さんとご一緒できて、本当に嬉しかったです!Thank you very much!

『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
『カツベン!』 ©2019「カツベン!」製作委員会
画像を拡大する(10枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察