山崎まどかのエッセイ集『映画の感傷』10月刊行 挿画はリアン・シャプトン

山崎まどかの新著『映画の感傷 山崎まどか映画エッセイ集』が10月18日に刊行される。

「女子文化」をはじめ、海外カルチャー、映画、文学などをテーマに執筆しているコラムニスト・山崎まどか。著書に『オリーブ少女ライフ』『女子とニューヨーク』『イノセント・ガールズ』『優雅な読書が最高の復讐である』などがある。

『映画の感傷 山崎まどか映画エッセイ集』では、『タイニー・ファニチャー』『フランシス・ハ』『ビフォア・ミッドナイト』『20センチュリー・ウーマン』『アメリカン・スリープオーバー』といった作品を取り上げる。挿画は映画『レディ・バード』の題字などで知られるリアン・シャプトンが担当。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 山崎まどかのエッセイ集『映画の感傷』10月刊行 挿画はリアン・シャプトン

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて