夏帆×妻夫木聡『Red』に柄本佑、間宮祥太朗が出演 島本理生原作映画

映画『Red』の追加キャストが発表された。

2020年2月21日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される『Red』は『第21回島清恋愛文学賞』を受賞した島本理生の同名小説をもとにした作品。平凡な結婚をし、「何も問題のない生活」を過ごしていたはずの村主塔子の運命が、約10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦と再会したことで予想もしない方向へ走り出す様を描く。鞍田秋彦の求愛に心を揺り動かされる村主塔子役を夏帆、塔子の気づかなかった心の隙間に入り込む鞍田秋彦役を妻夫木聡が演じる。監督は三島有紀子が務め、『スタートアップ・ガールズ』の池田千尋と共に脚本を手掛けている。

今回発表されたのは柄本佑と間宮祥太朗。柄本佑は塔子に惹かれながらも、塔子と鞍田の関係に唯一気がついてしまう小鷹淳役を演じ、間宮祥太朗は無自覚に塔子を追い詰める夫・村主真役を演じる。

同作について、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督によるコメントが寄せられている。

柄本佑のコメント

新しく入社してきた夏帆さん演じる塔子に少し恋心を抱く男・小鷹を演じました柄本佑です。とても刺激的な恋愛映画であり、実際に起こったら大変な事になりますが…、なぜこういう映画が生まれるか。どこかでみんなちょっとだけ憧れてしまうところがあるのか。だけど、それを現実ではやってはいけない。そんな映画を2時間、疑似体験して、その恋愛を楽しんで頂きたいなと。映画っていうのはそういう夢のあるものなんだなと思います。

間宮祥太朗のコメント

三島監督と夏帆さんとじっくり撮影した日々が懐かしいです。どうなろうとも女性が女性であるという事を忘れるべからず。私はまだ結婚した事も子供を持った事もありませんが、いつかのその時の為にその事を覚えていなければと思いました。思ったと言うよりも痛感したと言った方が近いかもしれません。自分が演じた真と同じ轍を踏まない様に。

三島有紀子監督のコメント

塔子をとりまく3人の男は、それぞれベクトルは違うものの自分の尺度がはっきりしていて、全員に絶対的な色気と圧倒的な芝居力で夏帆さんの魅力を多面的に引き出してもらう必要がありました。3人のみなさまには、いままで観たことのない芝居をしていただけたと思うし、夏帆さん含む4人の芝居は素晴らしかった、の一言に尽きます。

作品情報

『Red』

2020年2月21日(金)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督:三島有紀子 脚本:池田千尋、三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 出演: 夏帆 妻夫木聡 柄本佑 間宮祥太朗 配給:日活
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 夏帆×妻夫木聡『Red』に柄本佑、間宮祥太朗が出演 島本理生原作映画

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて