ファティ・アキン監督が連続殺人犯描く『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ファティ・アキン監督の映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が、2020年2月14日からから東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

『第69回ベルリン国際映画祭』コンペティション部門に正式出品された同作は、1970年代にドイツ・ハンブルクで実際に起きた連続殺人事件の犯人フリッツ・ホンカを、同名小説をもとに描いたもの。一見無害で負け犬に見えるフリッツ・ホンカが、夜な夜な行きつけのバー「The Golden Glove」にやってきては孤独な女性たちに近づいていくというあらすじだ。原題は『Der Goldene Handschuh』、英題は『The Golden Glove』。

フリッツ・ホンカ役に舞台を中心にドイツで活動する若手俳優ヨナス・ダスラーがキャスティング。特殊メイクに3時間かけてフリッツ・ホンカの「折れ曲がった鼻」「特徴的な斜視」「極度な猫背」を再現したという。

作品情報

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

2020年2月14日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開
監督・脚本:ファティ・アキン 出演: ヨナス・ダスラー マルガレーテ・ティーゼル ハーク・ボーム 上映時間:110分 配給:ビターズ・エンド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ファティ・アキン監督が連続殺人犯描く『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて