野田秀樹×野上絹代『カノン』3月に再演&荻野夕奈がライブペインティング

野田秀樹作の舞台『カノン』が2020年3月2日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターイーストで再演される。

浅間山荘事件を題材とした同作は、囚われの身の沙金を牢から逃してしまう牢番の太郎、盗賊団を率いる沙金、太郎に盗賊団の「ある事」を探るよう命じる都の権力者・天麩羅判官らの人模様を描いた作品。

演出は野上絹代(快快)が担当。野上が演出を手掛けるきっかけは、2015年に野上の演出で上演された『カノン』を野田が観劇したことだったという。東京芸術劇場の芸術監督を務める野田は、「冴え渡った演出に吃驚し、再演をすれば、更に磨きがかかるのではないかと思った」とコメント。

出演者は、太郎役の中島広稀、沙金役のさとうほなみ、天麩羅判官役の渡辺いっけいをはじめ、名児耶ゆり、永島敬三、大村わたる、山本栄司、長南洸生、緒形敦、川原田樹、中林舞、手代木花野、佐々木美奈、前原麻希、本多遼、湯川拓哉、小田龍哉、村田天翔、佐野功、木津誠之、家納ジュンコ、佐藤正宏。

10月26日には、荻野夕奈が『カノン』のメインビジュアルを描くライブペインティングを東京芸術劇場 ロワー広場で実施。同作ではウジェーヌ・ドラクロワの絵画『民衆を導く自由の女神』が重要なモチーフとなっており、沙金が「ファム・ファタール」のイメージであることから、メインビジュアルに女性画家による絵を使用したいという野上のリクエストにより、荻野がオファーされたという。

チケットの一般販売は12月7日10:00からスタート。

イベント情報

『カノン』

2020年3月2日(月)~3月15日(日)全15公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
演出:野上絹代 作:野田秀樹 音楽:佐藤公俊、難波卓己 出演: 中島広稀 さとうほなみ 名児耶ゆり 永島敬三 大村わたる 山本栄司 長南洸生 緒形敦 川原田樹 中林舞 手代木花野 佐々木美奈 前原麻希 本多遼 湯川拓哉 小田龍哉 村田天翔 佐野功 木津誠之 家納ジュンコ 佐藤正宏 渡辺いっけい 料金:前売5,000円 65歳以上4,500円 25歳以下3,500円 高校生以下1,000円
  • HOME
  • Stage
  • 野田秀樹×野上絹代『カノン』3月に再演&荻野夕奈がライブペインティング

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて