前田敦子がRPGの世界で育児&冒険 NHKよるドラ『伝説のお母さん』2月開始

連続ドラマ『伝説のお母さん』が2020年2月1日からNHK総合で放送される。

NHK総合のドラマ枠「よるドラ」の第5弾となる同作の主人公は、ロールプレイングゲームの世界に生きる「伝説の魔法使い」メイ。闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した聖戦に参加したメイは専業主婦としてワンオペ育児に奮闘していたが、ある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届くというあらすじだ。原作はかねもとの同名漫画。

家事に育児に冒険に奮闘するメイ役を演じる前田敦子は「幸せな毎日の中に、育児とお仕事の両立は大変だということを体感してるので、メイの奮闘ぶりは他人事だとは思えません。今だからこそ挑戦したいです」とコメント。制作統括は『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の松川博敬、『腐女子、うっかりゲイに告る。』の篠原圭、プロデューサーは『腐女子、うっかりゲイに告る。』の上田明子が務める。脚本は玉田真也、大池容子、演出は村橋直樹、佃尚能、二見大輔が担当。

前田敦子のコメント

魔法が使える役は初めてです!(笑)
こんな非現実的な設定の中で、今、現実に起きている社会問題を扱っていて、小さなお子さんがいるお母さん達の代弁をしつつ、前向きにコミカルに描かれているのが素敵だなと思いました。幸せな毎日の中に、育児とお仕事の両立は大変だということを体感してるので、メイの奮闘ぶりは他人事だとは思えません。今だからこそ挑戦したいです。皆さんにも是非楽しみにしていただければ嬉しいです!

番組情報

よるドラ『伝説のお母さん』

2020年2月1日(土)から毎週土曜23:30~23:59にNHK総合で放送 演出:村橋直樹、佃尚能、二見大輔 脚本:玉田真也、大池容子 原作:かねもと『伝説のお母さん』(KADOKAWA) 出演:前田敦子
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 前田敦子がRPGの世界で育児&冒険 NHKよるドラ『伝説のお母さん』2月開始

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて