ニュース

映画『AI崩壊』主題歌はAI 「私が歌うっていうのは笑いました」

入江悠監督の新作映画『AI崩壊』の主題歌にAIの書き下ろし曲“僕らを待つ場所”を起用。主題歌入り予告編とポスタービジュアルが公開された。

2020年1月31日から公開される同作の舞台は、AIが医療や金融、交通、セキュリティーなど国民の生活を支える2030年の日本。ある日突然暴走したAIが、全国民のデジタルデバイスによって蓄積される検索履歴や趣味趣向の情報、行動データ、年齢、遺伝子情報、病歴、犯罪歴、納税額といった膨大な個人情報を分析して「生きる価値がある人間」「生きる価値が無い人間」を選別し、殺戮を開始するというあらすじだ。画期的なAIの開発者で天才科学者の主人公・桐生浩介役に大沢たかおがキャスティング。

ポスタービジュアルには「その日、AIが命の選別を始めた。」というコピーと共に桐生、松嶋菜々子演じるその妻・望、賀来賢人演じる桐生の義理の弟・西村悟、三浦友和演じるベテラン刑事・合田京一、岩田剛典演じる天才捜査官・桜庭誠、広瀬アリス演じる警視庁捜査一課の奥瀬久未らの姿が写し出されている。

予告編では、桐生が望のために開発した医療AI「のぞみ」が暴走し、生きる価値のない人間を殺戮して日本中がパニックに陥る様子や、AIを暴走させたテロリストと断定された桐生が逃亡するシーンに加えて、AI監視システムを駆使して桐生を追い詰める桜庭、「のぞみ」を管理する企業の代表としてAI暴走の収拾に奔走する西村、合田と奥瀬のコンビの姿などが確認できる。

11月にデビュー20周年イヤーを迎えるAIは「僕らを待つ場所は今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかったので映画がAI崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いましたがっwこの曲を歌う時に感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。今までで一番泣いたかもw」とコメント。

AIのコメント

僕らを待つ場所は今まで歌った中で一番シンプルな音の曲だと思います。映画のイメージとはあえて逆に、機械的な音を避けました。でも温かく生の声を伝えたかったので映画がAI崩壊というタイトルに私が歌うっていうのは笑いましたがっw
この曲を歌う時に感情的になりまくってましてなかなかレコーディングが進まなかったです。
今までで一番泣いたかもw
どんな人でも生まれたところがあって大事な場所があって大事な人がいたり、、でも時にそれを忘れてたり、離れ離れになったり、悩んでたり、、皆さんに是非映画観て聴いてもらいたいです。いい曲です!!!

大沢たかおのコメント

本作品のために書かれた主題歌『僕らを待つ場所』は、この映画の主人公が、家族を思う気持ちはもちろん、生きていく中で、家族や、恋人、友人など、、、人と人とのすべての繫がりへの深い愛と尊敬など感じられる曲だと思いました。
優しくも力強さのあるAI(アイ)さんの人間味溢れる歌声と、人の温もりを感じるようなメロディー、歌詞にもぜひ注目してください。
『AI崩壊』という映画が、最後になにを伝えたいのか、、、主題歌も含め、映画を楽しんでいただけると思います。

北島直明プロデューサーのコメント

『AI』がテーマの映画だからAI(アイ)さんにオファーしたわけではありません(笑)
本作は【AI VS 人間】という映画ではなく、人間はAIを扱えるほどに成熟しているのだろうか?という、【AIを取り扱う人間】を描いた作品です。
ソウルフルなシンガー、AI(アイ)さんが持つ人間のエネルギーこそが、この映画のテーマです。
『AI』が突きつける大きな問題提起をきちんと受け止めてくれる、AI(アイ)さんの愛溢れる力強い歌声が絶対に必要でした。

『AI崩壊』ポスタービジュアル ©2019映画「AI崩壊」製作委員会
『AI崩壊』ポスタービジュアル ©2019映画「AI崩壊」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催