ニュース

笠松将がラッパー演じる映画『花と雨』予告編 原案はSEEDAのアルバム

映画『花と雨』の予告編と本ビジュアルが公開された。

『第32回東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門に出品される同作は、SEEDAが2006年に発表した同名アルバムを原案とした作品。閉塞的で村社会的な日本の空気に馴染めないまま高校生活を送る吉田は、ヒップホップとの出会いを通して自分を表現できる場所を見つけるが、挫折や仲間の裏切りによって自身を見失い、やがてドラッグディーラーに成り下がっていくというあらすじだ。イギリス・ロンドンで育った主人公の吉田役に笠松将がキャスティング。監督を土屋貴史が務め、音楽プロデュースをSEEDAとCALUMECS、演技指導を仙人掌が担当した。公開日は2020年1月17日。

予告編では、吉田が「こんなのただの言葉遊び、てか俺がリアルだから!」と声を荒げる姿をはじめ、男が吉田に向かって「日本じゃなくておめえが終わってるんだよ」「鼻につくんだよね、アメリカかぶれっていうか」と言い放つ様子、吉田が植物を育てるシーンや文字を紙に綴る場面、マイクを握ってパフォーマンスする様などが確認できる。

また本ビジュアルには、ヘッドフォンを装着して俯く吉田の姿などが写し出されているほか、「偽りの自分から抜け出せ。」というコピーが使用されている。

『花と雨』本ビジュアル ©2019「花と雨」製作委員会
『花と雨』本ビジュアル ©2019「花と雨」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初