6人の男女が命がけの脱出ゲームに挑む 映画『エスケープ・ルーム』予告

映画『ESCAPE ROOM』の邦題が『エスケープ・ルーム』に決定。2020年2月28日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開される。

同作は6人の男女の脱出劇を描いたサバイバルスリラー。女子大生のゾーイ、フリーターのベンらは、賞金1万ドルが懸かった体験型脱出ゲームに参加するが、姿なきゲームマスターが仕掛けたトラップに翻弄され、命がけでゲームをクリアしていく内に、6人全員が「大惨事の唯一の生存者」という共通の過去を持つことが明らかになっていく、というあらすじだ。

出演者にはテイラー・ラッセル、ローガン・ミラー、デボラ・アン・ウォール、ジェイ・エリス、タイラー・ラビーン、ニック・ドダーニ、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲンが名を連ねる。監督をアダム・ロビテルが務め、脚本をブラギ・シュトとマリア・メルニクが手掛けた。

発表とあわせて予告編とポスタービジュアルが公開。予告編では、女性が謎の小包を開ける姿をはじめ、男性の「焼き殺される」「脱出方法は!?」という叫び、プレイヤーたちがパズルや暗号を解いていく様、部屋の中に炎が燃え立つシーン、6人が雪景色の中で立ち尽くす場面、「誰が1番幸運か彼らが見てる」という言葉などが確認できる。

またポスタービジュアルにはプレイヤー6人の姿などが写し出されているほか、「“唯一の生存者”たちの死のゲームが始まる――」「この部屋から、生き残れ。」というコピーが使用されている。

作品情報

『エスケープ・ルーム』

2020年2月28日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
監督:アダム・ロビテル 脚本:ブラギ・シュト、マリア・メルニク 出演: テイラー・ラッセル ローガン・ミラー デボラ・アン・ウォール ジェイ・エリス タイラー・ラビーン ニック・ドダーニ ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン 配給:東京テアトル
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 6人の男女が命がけの脱出ゲームに挑む 映画『エスケープ・ルーム』予告

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて