三浦直之主宰ロロの新作公演『四角い2つのさみしい窓』東京ほか4都市で上演

ロロの新作公演『四角い2つのさみしい窓』が、2020年1月30日から東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場ほかで上演される。

10周年を迎えるロロのメンバーのみが出演する同公演は、目の見えない綱渡り師、透明人間の恋人を探す女性、窓ガラス清掃をする元役者、スノードームを作る観光客、ミノタウロスと「くだん」の間に生まれた未来の見えない子供など、海岸沿いに建てられた透明な壁に集まってくる人々の人間模様を描いた作品。演出、脚本は主宰の三浦直之が手掛ける。

2020年1月19日には徳島公演、4月25日と26日には福島公演、5月9日と10日には三重公演を実施。徳島公演、東京公演のチケット販売は11月10日10:00からスタートする。福島公演、三重公演は2月中旬を予定。

イベント情報

『四角い2つのさみしい窓』

演出・脚本:三浦直之 出演: 亀島一徳 篠崎大悟 島田桃子 望月綾乃 森本華 徳島公演 2020年1月19日(日) 料金: 前売 一般3,000円 高校生以下1,000円 当日 一般3,500円 高校生以下1,500円 東京公演: 2020年1月30日(木)~2月16日(日)全23公演 会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場 料金: 前売 一般4,200円 U25券3,500円 高校生以下1,000円 当日 一般4,500円 U25券3,800円 高校生以下1,000円 ※遠方割引2,000円 福島公演 2020年4月25日(土)、4月26日(日) 三重公演 2020年5月9日(土)、5月10日(日)
  • HOME
  • Stage
  • 三浦直之主宰ロロの新作公演『四角い2つのさみしい窓』東京ほか4都市で上演

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて