ニュース

柳楽優弥&田中泯演じるダブル北斎が登場『HOKUSAI』特別映像&ビジュアル

映画『HOKUSAI』の「超」ティザービジュアルと特別映像が公開された。

2020年に生誕260周年を迎える葛飾北斎の数少ない史実をもとに作られた『HOKUSAI』は、青年期の北斎を目覚めさせた版元・蔦屋重三郎と、老年期のパートナーとなる戯作者・柳亭種彦のエピソートを軸に、「人間・北斎」と彼が描いた「3つの波の秘密」が生まれるに至った物語を描いた作品。才能は認められながらも売れない絵師として葛藤した青年期の北斎役を柳楽優弥、芸術家としての情熱を保ちつつ孤独に画才を磨いた老年期の北斎役を田中泯が演じる。公開は2020年初夏。

「超」ティザービジュアルには、海外では『THE GREAT WAVE』と呼ばれる北斎の代表作『富嶽三十六景』の一図である「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に、筆を構える青年期の北斎の姿が写し出されている。

日本語版、英語版、フランス語版、中国語版の4種が公開された特別映像では、生涯で3万点以上の作品を描いたことや、90歳という長寿を全うしたこと、70歳を超えてから人生のピークを迎えたこと、米『LIFE』誌の「この1000年で偉大な業績を残した100人」に選ばれたこと、ゴッホ、モネらへの影響といった北斎のエピソード紹介に加えて、青年期の北斎、老年期の北斎が作品に向きあう様子などが確認できる。老年期の北斎役を演じた田中は北斎の自画像を参考に容姿を似せるために頭を剃るなどして撮影に挑んだという。




『HOKUSAI』「超」ティザービジュアル ©2020 HOKUSAI MOVIE
『HOKUSAI』「超」ティザービジュアル ©2020 HOKUSAI MOVIE
葛飾北斎『富嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」
葛飾北斎『富嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」
葛飾北斎自画像
葛飾北斎自画像
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う