戸田真琴の初監督作『永遠が通り過ぎていく』 出演者&詳細発表

戸田真琴の初監督作品の正式タイトルが『永遠が通り過ぎていく』に決定。詳細が明らかになった。

同作のタイトルと情報は本日11月11日に行なわれた『MOOSIC LAB 2019 OPENING PARTY!』内で発表。11月23日から実施される映画と音楽のイベント『MOOSIC LAB 2019』の特別招待作品に選出されており、12月20日と21日に東京・アップリンク吉祥寺で上映される。

『永遠が通り過ぎていく』は3作の短編映画『アリアとマリア』『Blue Through』『M』で構成。温室の中で互いの宿命を解析する少女たちの物語『アリアとマリア』には竹内ももこ、中尾有伽が出演する。キャンピングカーで旅する男女の姿を映し出す『Blue Through』の出演者には白戸達也、西野凪沙、國武綾、喪失の苦しみと祈りを描く『M』には五味未知子、いとうが名を連ねる。劇中歌は大森靖子の楽曲を使用。

発表とあわせて各作品の場面写真と戸田真琴のコメントが公開。戸田監督は「胸の内で今にも消えてしまいそうだった言葉がばらばらと山ほど、映画へと成りたがって飛んでゆきました。私は早く、この映画が映写されるときの、光の筋に舞う埃のひとつになりたいのです」と語っている。

戸田真琴監督のコメント

映画『永遠が通り過ぎていく』情報解禁に寄せて
「神様のお嫁さんになろうと思っているのは、私が綺麗だからじゃない。」――温室の中で互いの宿命を解析しあう二人の少女(「アリアとマリア」)
キャンピングカーで北へと向かう、行き場のない男女(「Blue Through」)
そして喪失の苦しみと祈りを描くたったひとつの賛美歌(「M」)
胸の内で今にも消えてしまいそうだった言葉がばらばらと山ほど、映画へと成りたがって飛んでゆきました。
私は早く、この映画が映写されるときの、光の筋に舞う埃のひとつになりたいのです。
2019.11.11 戸田真琴

作品情報

『永遠が通り過ぎていく』

2019年12月20日(金)、12月21日(土)にアップリンク吉祥寺で上映
監督・脚本:戸田真琴 劇中歌:大森靖子 出演: 五味未知子 いとう 白戸達也 西野凪沙 竹内ももこ 中尾有伽 國武綾 配給:SPOTTED PRODUCTIONS
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 戸田真琴の初監督作『永遠が通り過ぎていく』 出演者&詳細発表

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて