本と読書の可能性を考察する『TRANS BOOKS』にエキソニモ、永原真夏ら20組

ブックフェア『TRANS BOOKS 2019』が11月23日と24日に東京・神保町のTAM COWORKING TOKYOで開催される。

2017年からスタートした『TRANS BOOKS』は、紙や電子といったメディアを問わず、あらゆる書籍を購入できるブックフェア。「本」と「読書」の可能性を実験的に考える場を目指し、作家が依頼を受けて制作した新刊や既刊本などをセレクトして販売する。

参加作家には荒木悠、伊藤ガビンと井上泰一によるmodern fat、エキソニモ、尾焼津早織、●.(Q / period)、∧°┐、ノース&ラナー+!Mediengruppe Bitnik、contact Gonzo+YCAMバイオ・リサーチ、島田大介、しみずけいた、竹久直樹、永原真夏、沼田摩耶+川原綾子、久保田晃弘とHAUSによるHAUS++、松田行正+牛若丸、山形一生、UCNV、横山雄+DOOKS、よシまるシン、lololol.netの20組が名を連ねる。

なお、11月23日は参加作家が出演するラジオの公開生放送を実施予定。詳細はイベントの特設サイトで確認しよう。

イベント情報

『TRANS BOOKS 2019』

2019年11月23日(土・祝)、11月24日(日) 会場:東京都 神保町 TAM COWORKING TOKYO
時間:11:00~18:30 参加作家: 荒木悠 modern fat(伊藤ガビン+井上泰一) エキソニモ 尾焼津早織 ●.(Q / period) ∧°┐ ノース&ラナー+!Mediengruppe Bitnik contact Gonzo+YCAMバイオ・リサーチ 島田大介 しみずけいた 竹久直樹 永原真夏 沼田摩耶+川原綾子 HAUS++(久保田晃弘+HAUS) 松田行正+牛若丸 山形一生 UCNV 横山雄+DOOKS よシまるシン lololol.net 料金:200円
  • HOME
  • Book
  • 本と読書の可能性を考察する『TRANS BOOKS』にエキソニモ、永原真夏ら20組

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて