『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』監督&キャストが12月来日

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の監督、キャストが12月に来日する。

12月20日に日米同時公開される『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、1977年に第1作目が公開された『スター・ウォーズ』シリーズの完結編。

今回来日するのは、J・J・エイブラムス監督をはじめ、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズ、プロデューサーでルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ。12月11日に行なわれるファンイベントへの登壇など、日本のファンと交流する機会を予定している。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のプロモーション以来約4年ぶりの来日となるデイジー・リドリーは「日本のみなさん、こんにちは。日本に行くのが待ちきれない」、約1年半ぶりに来日するジョン・ボイエガは「12月に日本の皆さんに会えるのを楽しみにしています」とそれぞれコメント。

またアンソニー・ダニエルズは「僕は日本の『スター・ウォーズ』ファンととてもたくさん楽しい時間を過ごしてきた。日本へ行くのはいつも嬉しい。日本で感じる興奮は、僕を気持ちよくしてくれる。以前、ジョン・ウィリアムズの『スター・ウォーズ・イン・コンサート』や『スター・ツアーズ』のオープニングのために日本へ行った。僕は本作でも日本に行くことができてとても嬉しい。(日本語で)“フォースとともに、あらんことを”」と語っている。


作品情報

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

2019年12月20日(金)全国公開 監督・脚本:J・J・エイブラムス 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』監督&キャストが12月来日

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて