堀越勸玄が市川海老蔵の幼少期役で親子共演『スター・ウォーズ歌舞伎』

11月28日に都内某所で上演される『「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」公開記念「スター・ウォーズ歌舞伎」』に、堀越勸玄が出演することがわかった。

堀越勸玄の父である市川海老蔵が監修と主演を務める同作は、『スター・ウォーズ』の世界観を表現する映像演出と歌舞伎が融合した作品。スカイウォーカー家の「家族の愛と喪失」をテーマに据え、カイロ・レンに当たる魁煉之介が、父親の「半蔵」やジェダイマスターにして師でもある「琉空」との関係に悩む姿、上司である「敷能角」との確執、正義と悪の狭間で揺れ動く様を描く。魁煉之介役を市川海老蔵、幼少期の魁煉之介役を堀越勸玄が演じる。

かねてより『スター・ウォーズ』シリーズのファンであるという海老蔵は「スター・ウォーズは我々家族にとっても大切な作品であり、『最後のスター・ウォーズ』のプロモーションに親子で出演させて頂くことに、この上ない喜びを感じています。是非、ご期待くださいませ」とコメントを寄せている。

なお、12月20日から『スター・ウォーズ』シリーズの完結編となる『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が日米同時公開される。

市川海老蔵のコメント

この度、息子の堀越勸玄が11月28日(木)に開催するSTAR WARS 歌舞伎に出演する運びとなりました。彼が演じるのは私が演じる魁煉之介の幼少期になります。映画でも描かれる事のなかった、あのカイロ・レンの揺れ動く幼少期の心情を表現する難しい役どころになります。スター・ウォーズは我々家族にとっても大切な作品であり、「最後のスター・ウォーズ」のプロモーションに親子で出演させて頂くことに、この上ない喜びを感じています。是非、ご期待くださいませ。

作品情報

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

2019年12月20日(金)全国公開 監督・脚本:J・J・エイブラムス 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Stage
  • 堀越勸玄が市川海老蔵の幼少期役で親子共演『スター・ウォーズ歌舞伎』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて