ニュース

「ろう」の写真家・齋藤陽道を映すドキュメンタリー『うたのはじまり』特報

映画『うたのはじまり』が2020年2月22日からシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。あわせて特報映像、ポスタービジュアル、場面写真が公開された。

同作は窪田正孝の写真集やMr.Children、クラムボン、森山直太朗などのアーティスト写真を撮影してきた「ろう」の写真家・齋藤陽道が自身の子育てを通じて、嫌いだった「うた」に出会うまでを記録したドキュメンタリー。

聴覚障害を持つ齋藤陽道は、20歳で補聴器を捨て、カメラを持つようになったという経歴の持ち主。同じく「ろう」の写真家である妻・盛山麻奈美との間に、聴者の息子を授かった。映画では、幼少期から対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たってきた齋藤陽道が、自身の口からふとこぼれた子守歌をきっかけに変化していく様を捉えている。

出演者は齋藤陽道、盛山麻奈美をはじめ、盛山樹、七尾旅人、飴屋法水、CANTUS、ころすけ、くるみ、齋藤美津子、北原倫子、藤本孟夫ら。監督は古川日出男らによる朗読劇『銀河鉄道の夜』の活動を捉えた映画『ほんとうのうた』や、七尾旅人のライブ映像作品『兵士A』を手掛けた河合宏樹。

特報映像ではキーボードに耳を近づけたり、演奏を行なう人々の傍にいる齋藤陽道の姿、「ぼくにとって音楽はただの振動でした。」という手書きの文章が無音で映し出されている。続けて、息子を抱き抱えながら子守歌を歌う齋藤陽道の姿が確認できる。

ポスタービジュアルには「だいじょーぶって、心からこぼれおちた。」「ある日、息子への子守歌が生まれた。“ろう”の写真家が、嫌いだった『うた』と出会うまでの記録。」といったコピーと共に息子と顔を寄せ合う齋藤陽道の姿がモノクロで捉えられている。

場面写真からは、出産時の盛山麻奈美の姿や、湯船に浸かる齋藤陽道と息子の様子、ギターを持つ七尾旅人とそれを見つめる息子と齋藤陽道の姿などが確認できる。

古川日出男、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、河合宏樹が同作についてのコメントを寄せている。

古川日出男のコメント

私がここに記しているコメントの文字に触っても、そこから振動は感じられない。けれども、あらゆる「うた」には響きがある。私たちの肉体に鼓動があるように、やっぱり響きがある。それは結局、愛には響きがあるのだ、と言っているような気がする。私は、そうした衝撃的な事実を、この映画『うたのはじまり』に触れて、知った。私という小説家は、この映画に「触った」のだと思う。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のコメント

音楽が大好きだというあの娘や、ステージ袖でガチガチに固まっているあいつや、歌詞が書けないだなんて悩んでいる彼に見せたい映画でした。もちろん、君にも見てほしいし、むしろ僕こそが見るべき作品だ!と思いました。

河合宏樹監督のコメント

赤子をあやす為に彼からぽろっと溢れたうた、その瞬間にすべては語られた。
歌が祈りに戻った瞬間。
人類が初めて歌った瞬間。
うた、音楽、の本来の役割とは何だったのか。
齋藤陽道と共に考えた数年間。
誰しもが持つ歌心に対して、または、現在の音楽との接し方について、今一度、その根源を思い出して欲しいと思いこの映画を制作しました。

『うたのはじまり』ポスタービジュアル ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』ポスタービジュアル ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
『うたのはじまり』 ©2020 hiroki kawai SPACE SHOWER FILMS
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開