BUCK-TICKトリビュート盤の収録曲&宇野亞喜良が描き下ろしたジャケ写公開

BUCK-TICKのトリビュートアルバム『PARADE III ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』の収録曲および宇野亞喜良が描き下ろしたジャケット写真が公開された。

2020年1月29日にリリースされる同作は、BUCK-TICKにとって3作目のトリビュートアルバム。これまでにDer Zibet、DIR EN GREY、BRAHMAN、椎名林檎、GARI、minus(-) featuring 藤川千愛、Cube Juice、黒色すみれ、GRANRODEO、シド、八十八ヶ所巡礼、藤巻亮太、坂本美雨の参加が発表されていた。

今回の発表で、Der Zibetは“愛の葬列”、DIR EN GREYは“NATIONAL MEDIA BOYS”、BRAHMANは“ICONOCLASM”、椎名林檎は“唄”、GARIは“惡の華”、minus(-) featuring 藤川千愛“形而上 流星”、Cube Juiceは“LOVE ME”、黒色すみれは“Lullaby-III”、GRANRODEOは“天使は誰だ”、シドは“JUPITER”、八十八ヶ所巡礼は“青の世界”、藤巻亮太は“JUST ONE MORE KISS”、坂本美雨は“ミウ”をそれぞれカバーすることが判明。

なおBUCK-TICKは、12月3日の群馬公演を皮切りにツアー『THE DAY IN QUESTION 2019』を開催。チケットの一般販売は11月23日10:00からスタートする。1月29日には38枚目のシングル『堕天使』をリリース。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • BUCK-TICKトリビュート盤の収録曲&宇野亞喜良が描き下ろしたジャケ写公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて