ニュース

映画『ドクター・スリープ』あらすじ、キャストや『シャイニング』など紹介

『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
『ドクター・スリープ』©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

スティーヴン・キング原作の映画『ドクター・スリープ』が、本日11月29日から公開されている。

同作は『シャイニング』の「新たな恐怖」を描いた作品。40年前に父親に殺されかけたトラウマを抱えるダニーが、「特別な力」を持つ少女アブラと共に連続殺人事件の謎を追う中で、かつての惨劇が起きたホテルに辿り着くというあらすじだ。人を避けるように孤独に暮らすダニー役にユアン・マクレガーがキャスティング。キング原作の『ジェラルドのゲーム』で知られるマイク・フラナガンが監督と脚本を務める。

前作『シャイニング』とは?

前作にあたる『シャイニング』は、スティーヴン・キングが1977年に発表した小説をもとに、スタンリー・キューブリック監督が映画化した作品。小説家志望でアルコール依存症のジャック・トランスが、冬は深い雪に閉ざされる雪山のホテルに、妻ウェンディ、息子のダニーを連れて管理人として赴くというあらすじだ。

ジャック・トランス役をジャック・ニコルソン、ウェンディ役をシェリー・デュヴァル、ダニー役をダニー・ロイドが演じた。メガホンを取ったキューブリック監督の代表作であり、ホラー映画史上に残る傑作との評価を得ている。

『ドクター・スリープ』あらすじ

40年前の雪山のホテルの惨劇を生き残ったダニーの周りで、児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起きる。ある日、彼の前に特別な力を持ち、事件を目撃した少女アブラが現れる。ダニーと少女はこの事件の謎を追い、あの惨劇が起きたホテルへ向かうのだが……『シャイニング』を超える衝撃の結末。呪われたホテルの惨劇を生き延びたダニーが、なぜ、再びあのホテルに戻るのか?そして、彼は狂気に取り憑かれた父と同じ運命を辿ってしまうのか?『シャイニング』遂に完結―。

『ドクター・スリープ』キャスト。ユアン・マクレガーや『グレイテスト・ショーマン』のレベッカ・ファーガソンが出演

キャストにはダニー役のユアン・マクレガーをはじめ、少女アブラ役のカイリー・カラン、謎の女ローズ・ザ・ハット役のレベッカ・ファーガソンが名を連ねている。レベッカ・ファーガソンは『グレイテスト・ショーマン』のオペラ歌手ジェニー・リンド役や『ミッション・インポッシブル』のイルサ・ファウスト役などで知られている。

ダニーについてユアン・マクレガーは、「大人になったダニーはどん底にいる。オーバールック・ホテルでの記憶を封印し、普通の生活を送ろうとしている。シャインの能力を使うのが怖い」とコメント。またアブラについて、「少女もまた、シャインの能力を備えている」と述べたほか、「トゥルー・ノットという謎の集団が登場する。彼らは子供の持つ強力なシャインを餌食にする」と明かした。レベッカ・ファーガソンは自身が演じたローズ・ザ・ハットについて、「彼らはこの上なく邪悪な存在であり、アブラとダンは隠れなければならない」と語っている。

原作者スティーヴン・キングについて。『IT』『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』映画化作品が多数

スティーヴン・キングは1947年、アメリカ・ポートランド出身。キング原作の映画は多数公開されており、現在公開中の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』をはじめ、『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』『ミザリー』『グリーンマイル』『キャリー』『炎の少女チャーリー』など。来年1月には『ペット・セメタリー』の再映画化版が日本公開を控えている。

『シャイニング』についてキングは、「私はいつも言ってきたんだが、スタンリー・キューブリックの映画版と私の小説の違いは、彼の映画が氷で終わるのに対し、私の小説は炎で終わるという点なんだ」と指摘。『ドクター・スリープ』については、「しかし、大人になったダニー・トランスのストーリーを、マイク・フラナガン監督が、自身の明らかにおおらかな心を通して研究してくれた。だからこそ彼はキューブリックの映画をもう少し先へと進めることができ、それによっていろいろな点に“温かさ”が加わっている」と評価し、「この映画はふたつのことをやっている。まず、これは小説『ドクター・スリープ』の見事な映画版であること。そしてまた、スタンリー・キューブリックの映画『シャイニング』のすばらしい続編であることだ。マイクは、映画『シャイニング』では起きたが、小説『シャイニング』では起きなかったこともいくつかあるという“世界”で、この映画に取り組み、この2つのテーマをうまく成し遂げている」と賛辞を送っている。

さらに『ドクター・スリープ』のダニーを通じて普遍的な「勇気」というテーマを伝えたかったというキングは、「絵を書くのが好きだったら、それを隠す必要はない。絵をみんなに見せればいい。文字を書くのが好きだったら、書いた文章を勇気を出してみんなに見せればいいんだ。予想される最悪の事態は、誰かが『好きじゃない』と言うだけだ。そしてそれは本当に最悪なことではない。鋭利なもので目を刺されるほど悪くないだろう」と語っている。

『ドクター・スリープ』ポスタービジュアル ©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
『ドクター・スリープ』ポスタービジュアル ©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
『シャイニング 』©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『シャイニング 』©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『シャイニング 』北米公開版<4K ULTRA HD&HD デジタル・リマスター ブルーレイ> ジャケット ©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
『シャイニング 』北米公開版<4K ULTRA HD&HD デジタル・リマスター ブルーレイ> ジャケット ©1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道 1

    鹿野淳が語る『VIVA LA ROCK』 エンタテイメント復興の道

  2. 志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など 2

    志村けん追悼特集が放送 『ドリフ大爆笑』『バカ殿』『変なおじさん』など

  3. 長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真 3

    長澤まさみが三浦春馬とダンス 映画『コンフィデンスマンJP』場面写真

  4. コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動 4

    コロナ感染拡大防止への文化施設閉鎖に伴う、助成金交付に向けた署名活動

  5. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 5

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側

  6. 松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場 6

    松田翔太、桐谷健太、濱田岳が現代で5G体験、au新CM セカオワも登場

  7. フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価 7

    フラカン、20代を振り返る。解散危機、失敗ライブ、ほしかった評価

  8. 佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開 8

    佐藤健の優しいまなざし 映画『るろうに剣心 最終章』新写真公開

  9. 田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇 9

    田中みな実&ずん飯尾和樹が夫婦役 明治の新CM「TANPACTな夫婦」篇

  10. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 10

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う