『渋谷ミニシアター手帖2020』無料配布 小泉今日子、ミヤギフトシら寄稿

マップ『渋谷ミニシアター手帖2020』が、12月1日から無料配布されている。

東京・渋谷のミニシアター8館のスタッフが渋谷のスポットを紹介するマップ『渋谷ミニシアター手帖』。昨年に引き続いての参加となるBunkamuraル・シネマ、アップリンク渋谷、シアター・イメージフォーラム、シネクイント、シネマヴェーラ渋谷、ヒューマントラストシネマ渋谷、ユーロスペースに加え、11月22日にオープンしたWHITE CINE QUINTOが参加し、各館のロビーで配布される。Bunkamuraル・シネマのオフィシャルサイトからのダウンロードも可能。

A5サイズに折り畳まれ、広げるとA2サイズになるマップには、各劇場の位置に加えて、飲食店や古着屋、花屋、書店など177か所の情報が記されている。「渋谷・映画・私」「渋谷・映画・僕」と題した小泉今日子とミヤギフトシによる書き下ろしエッセイも収録。デザインは田部井美奈、イラストは三宅瑠人が担当した。

マップの発行を記念し、Bunkamuraル・シネマでは12月12日まで『バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版』を上映中。アメリカ西部の砂漠に佇むカフェ兼モーテルに集う人々と、ドイツから来た旅行者ジャスミンの触れあいを描いた同作は、オリジナル版が2016年に閉館したシネマライズ、2008年に再編集されたニュー・ディレクターズ・カット版がユーロスペースで公開された。上映スケジュールの詳細はBunkamuraル・シネマのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『「渋谷ミニシアター手帖」2020発行記念「バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版」日本公開30周年 特別上映』

2019年11月29日(金)~2019年12月12日(木) 会場:東京都 渋谷 Bunkamuraル・シネマ 料金:1,300円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『渋谷ミニシアター手帖2020』無料配布 小泉今日子、ミヤギフトシら寄稿

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて