ダニエル・クレイグとラミ・マレックが対峙『007』最新作、予告編初公開

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の予告編が公開された。

4月10日から公開されることが決まった同作は『007』シリーズの25作目。現役を退きジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたボンドが、旧友でCIAエージェントのフェリックス・ライターから誘拐された科学者の救出を依頼され、危険な最新技術を操る正体不明の敵に導かれていくというあらすじだ。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグをはじめ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、ラミ・マレックらが出演する。

予告編には、ラミ・マレック演じる「シリーズ史上一番“ヤバい”敵」が口元だけ露わになったマスク姿で雪中を歩き、「私の名声は永遠だ」と呟く場面や、ボンドと対峙する様子、ボンドとレア・セドゥ演じるマドレーヌが車中で会話するシーン、ラシャーナ・リンチ演じる「00」のコードネームを持つ新エージェントの姿などが映し出されている。

※新型コロナウイルス感染拡大を受けて公開延期になりました。

作品情報

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2020年4月10日(金)から全国公開
監督:キャリー・フクナガ 脚本:ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ 音楽:ダン・ローマー 出演: ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ナオミ・ハリス ロリー・キニア レア・セドゥ ベン・ウィショー ジェフリー・ライト アナ・デ・アルマス ダリ・ベンサーラ デヴィッド・デンシック ラッシャーナ・リンチ ビリー・マグヌッセン ラミ・マレック 配給:東宝東和
  • HOME
  • Movie/Drama
  • ダニエル・クレイグとラミ・マレックが対峙『007』最新作、予告編初公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて