綾野剛×松田龍平 映画『影裏』「光」と「影」を照らし出す場面写真公開

映画『影裏』の場面写真が公開された。

場面写真には綾野剛演じる主人公・今野秋一と松田龍平演じる日浅典博が釣りをするシーン、焚火で魚を焼く様子、テーブルを挟んで向かい合う場面に加えて、今野がビニール傘を差して立つ佇む姿、國村隼演じる日浅典博の父・征吾が煙草を片手に今野を見つめる様などが写し出されている。

2020年2月14日から公開される『影裏』は、『第122回文學界新人賞』『第157回芥川龍之介賞』を受賞した沼田真佑の同名小説の実写映画版。転勤で岩手に移り住んだ今野は、慣れない地で同僚として出会った日浅に心を許していくが、日浅は突然、会社を辞め、しばらくして再会するものの、一度生まれた距離は埋まらず、時が過ぎていく中、日浅が行方不明になっていることを耳にした今野が日浅を探そうと足跡を辿るうちに日浅の数々の影の顔、裏の顔を知ってしまうというあらすじだ。監督は『るろうに剣心』シリーズ、大河ドラマ『龍馬伝』などの大友啓史が務めた。

作品情報

『影裏』

2020年2月14日(金)から全国公開
監督:大友啓史 脚本:澤井香織 音楽:大友良英 原作:沼田真佑『影裏』(文藝春秋) 出演: 綾野剛 筒井真理子 中村倫也 平埜生成 國村隼 永島暎子 安田顕 松田龍平 配給:ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 綾野剛×松田龍平 映画『影裏』「光」と「影」を照らし出す場面写真公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて