広瀬すず×吉沢亮『一度死んでみた』音楽はヒャダイン 本予告&ポスターも

映画『一度死んでみた』の本予告編、本ポスタービジュアルが到着。あわせて音楽をヒャダインが担当することがわかった。

父親・計のことが大嫌いな大学生・野畑七瀬を主人公にした同作は、「2日だけ死んじゃう薬」を服用して仮死状態になった計が陰謀によって生き返る前に火葬されそうになったことから、七瀬が計の部下・松岡と共に計を生き返らせようと奮闘する様を描くコメディー。売れないデスメタルバンド「魂ズ」のボーカル・七瀬役を広瀬すず、父・計役を堤真一、存在感がないため「ゴースト」と呼ばれる松岡役を吉沢亮が演じる。公開は2020年3月20日。

本ポスタービジュアルは、七瀬、松岡、計に先日発表された追加キャスト23人を加えた総勢26人の姿を写し出したもの。本予告編では、七瀬が「野畑七瀬、慶明大学薬学部3年デス!嫌いなものは野畑計、私の父デス!」と「デス口調」で話したり、計に「臭い~!」と消臭スプレーを吹きかけたりするシーン、ライブで「死んでくれ~!」とシャウトする様子、「一度死んでみた」計がライバル会社の陰謀で火葬されてしまいそうになる場面、酔っ払った松岡がビールを片手に「5分で来い!」と叫ぶ姿に加えて、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太らキャスト陣の姿が確認できる。

映画の劇伴音楽を手掛けるのは2014年公開の映画『海月姫』以来、2作目となるヒャダインは「広瀬すずさんの歌唱!さいっこうデス!!魂の叫びデス!本職のメタラーの知り合いに直伝してもらったヘドバンやライブパフォーマンスもめっちゃかっこいいデス!!!」とコメント。

ヒャダインのコメント

今回超豪華キャストでしかも底抜けに楽しい映画の劇伴を担当、ということでめちゃくちゃ嬉しかったデス!曲作りにあたっては主軸であるメタルロックを中心に個性あふれるキャラクターごとに曲のジャンルも変え、各人が華やぐようにカラフルな曲を作りました。そして何より広瀬すずさんの歌唱!さいっこうデス!!魂の叫びデス!本職のメタラーの知り合いに直伝してもらったヘドバンやライブパフォーマンスもめっちゃかっこいいデス!!!僕はもう何回もこの映画を観ましたが何回も笑います!みなさんの演技が自由すぎて令和って感じデス!!!観劇後、みなさんもデスデス言うこと間違いなしデス!!ぜひ観て欲しい・・・・デス!!!

作品情報

『一度死んでみた』

2020年3月20日(金・祝)から全国公開
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン 出演: 広瀬すず 吉沢亮 堤真一 リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太 加藤諒 でんでん 柄本時生 前野朋哉 清水伸 西野七瀬 城田優 原日出子 真壁刀義 本間朋晃 野口聡一(JAXA) 佐藤健 池田エライザ 志尊淳 古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木聡 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 広瀬すず×吉沢亮『一度死んでみた』音楽はヒャダイン 本予告&ポスターも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて