大まじめな風景のおかしな楽園を案内 『ヒエロニムス・ボスの世界』刊行

書籍『ヒエロニムス・ボスの世界―大まじめな風景のおかしな楽園へようこそ―』が、本日12月11日に刊行された。

15世紀末から16世紀初めにネーデルラントで活動した画家ヒエロニムス・ボス。人間の快楽や罪と罰、悪魔、怪物などを描いた作品を残したほか、近年は風景画の草分けとして再評価されている。

ボスの作品を高精細の拡大画像で紹介する同書には、ボスや彼の工房が制作した19作品を掲載。ディテールの拡大図版は計140点超となる。

著者はベルギー・ブリュッヘ美術館長のティル=ホルガー・ボルヒェルト。訳は東京藝術大学大学美術館准教授の熊澤弘が手掛けた。

書籍情報
  • HOME
  • Art,Design
  • 大まじめな風景のおかしな楽園を案内 『ヒエロニムス・ボスの世界』刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて