PUNPEEとは何者なのか?『QJ』で50Pにわたって魅力に迫る 宇垣美里特集も

特集記事「PUNPEE 21th Century:common people odyssey」が12月25日発売の雑誌『Quick Japan vol.147』に掲載される。

同特集では、PUNPEEと彼が所属するレーベルSUMMITの協力のもと、2002年の活動開始から現在までの道のりを回顧。神藤剛が撮影したグラビア「お前はなぜPUNPEEという名前なの?」や、橋本幸士(大阪大学)との対談「P、量子力学を学ぶ タイムマシーンに乗り込んで、タイムトラベラーになれるのか?」、原島“ど真ん中”宙芳と増田岳哉(SUMMIT)が聞き手を務めた「YEARBOOK of P 2002-2019」、PUNPEEと交流のあるアーティストによるイラストなどを50ページにわたって掲載する。

第2特集として宇垣美里のインタビューとグラビアが収録されるほか、BEYOOOOONDSが再登場。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • PUNPEEとは何者なのか?『QJ』で50Pにわたって魅力に迫る 宇垣美里特集も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて