カンバーバッチ主演×スコセッシ製作総指揮『エジソンズ・ゲーム』4月公開

映画『The Current War』が、『エジソンズ・ゲーム』の邦題で4月から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。あわせて日本版ポスタービジュアルが公開された。

『エジソンズ・ゲーム』は、発明家トーマス・エジソンと、そのライバルである実業家ジョージ・ウェスティングハウスによるビジネスバトルを描いた作品。エジソン役をベネディクト・カンバーバッチ、ウェスティングハウス役をマイケル・シャノンが演じるほか、2人の対決の鍵を握る天才科学者テスラ役にニコラス・ホルト、エジソンを支える助手役にトム・ホランドがキャスティング。監督はアルフォンソ・ゴメス=レホン。

同作はワインスタイン・カンパニーの作品として2017年に『トロント国際映画祭』で上映され、全米公開を予定していたが、共同創業者のハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑が発覚したことで会社が破産に追い込まれ、公開が延期されていた。『トロント国際映画祭』で上映された本編は、ワインスタイン・カンパニーの圧力によって編集され、製作陣にとって不本意なバージョンであったことから、アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠であり、同作の製作総指揮であるマーティン・スコセッシがそれを完成と認めず、製作陣による再編集を支援。1日限りの再撮影を敢行したことにより、元のバージョンからは10分削られ、新たに5つのシーンが追加された。その後ワインスタイン・カンパニーは買収され、新たな配給会社101 Studiosが全米公開を実現した。

日本版ポスタービジュアルには「天才発明家」「カリスマ実業家」というコピーと共にトーマス・エジソン、ジョージ・ウェスティングハウスの姿が写し出されている。中央には火花のような電流と「未来を照らすのは、誰だ。」というコピーが配置されている。

作品情報

『エジソンズ・ゲーム』

2020年4月からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開
製作総指揮:マーティン・スコセッシ 監督:アルフォンソ・ゴメス=レホン 出演: ベネディクト・カンバーバッチ マイケル・シャノン トム・ホランド ニコラス・ホルト 上映時間:108分 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • カンバーバッチ主演×スコセッシ製作総指揮『エジソンズ・ゲーム』4月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて