Jimanicaの新AL『nothing but cosmos』1月発売 cowbellsとの共同レコ発も

Jimanicaのニューアルバム『nothing but cosmos』が1月8日にリリース。1月21日にはレコ発ライブ『Jimanica × cowbells double release party in Tokyo』が東京・下北沢のTHREEで開催される。

ドラマー、作曲家、編曲家として活動するほか、アーティストへの楽曲提供やCMの音楽制作などを手掛けているJimanica。自身のレーベルJeminicの初リリース作品となる『nothing but cosmos』はCDとUSBメモリの2形態で販売されるほか、サブスクリプションサービスで配信される。ゲストボーカルとして細井美裕、ermhoi、山田杏奈が参加。CDにはボーナストラックが2曲、USBメモリにはボーナストラックが1曲追加される。

配信版とCD版に収録される音源のマスタリングは益子樹、USBメモリ版の音源はKASHIWA Daisukeが手掛けた。カバーアートのディレクションは小池アイ子が担当。

『Jimanica × cowbells double release party in Tokyo』は、1月21日に新作をリリースするドラムユニット・cowbellsと共同で開催。小林うてな、ermhoiが参加するほか、映像演出で山口崇司が出演する。

リリース情報
リリース情報
リリース情報
イベント情報

『Jimanica × cowbells double release party in Tokyo』

2020年1月21日(火) 会場:東京都 下北沢 THREE
出演: Jimanica cowbells 小林うてな ermhoi 山口崇司 料金:前売2,700円 当日3,300円(共にドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • Jimanicaの新AL『nothing but cosmos』1月発売 cowbellsとの共同レコ発も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて