『ジョゼと虎と魚たち』コミカライズ連載記念、絵本奈央によるイラスト公開

『ジョゼと虎と魚たち』コミカライズ版の連載開始を記念した描き下ろしたイラストが公開された。

2003年に妻夫木聡、池脇千鶴主演で実写映画化された、田辺聖子による1985年刊行の小説『ジョゼと虎と魚たち』。今年夏にはアニメーション映画版が公開される。メガホンを取るのは『ノラガミ』シリーズのタムラコータロー。『初恋ロスタイム』の桑村さや香が脚本、『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子がキャラクターデザインと総作画監督、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の絵本奈央がキャラクター原案、アニメーション制作をボンズが担当する。

コミカライズ版は1月6日発売の『ダ・ヴィンチ 2020年2月号』から連載スタート。アニメ映画版のキャラクター原案を担当した絵本奈央がコミカライズを手掛ける。絵本は同作について、「学生時代に小説を読み、とても感動したことを覚えていたので、今回のアニメーション映画化のお話をお聞きした時は胸が踊りました。タムラ監督の絵コンテも本当に、本当に素敵で、物語中の様々なシーンで何度もじんわりとこみ上げ鳥肌が立ちました。大切な人と観に来ていただきたい映画です。今回のコミカライズではそんな映画の素晴らしさを一足早く、少しでもお伝えできればと思います」とコメントしている。

作品情報

『ジョゼと虎と魚たち』

2020年夏公開
監督:タムラコータロー 脚本:桑村さや香 原作:田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』(角川文庫) 音楽:Evan Call アニメーション制作:ボンズ 配給:松竹/KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『ジョゼと虎と魚たち』コミカライズ連載記念、絵本奈央によるイラスト公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて