シングルファザー役の向井理が演技を語る、フジ系連続ドラマ『10の秘密』

連続ドラマ『10の秘密』の主演を務める向井理のコメントが公開された。

向井理が演じるのは、建築確認検査員でシングルファザーの主人公・白河圭太役。向井は自身の役について「娘の事を第一に考えるどこにでもいる普通の父親。すごく真っすぐな性格で真面目。もう少し上手く立ち回ったらいいのに、と感じる部分もあります(笑)」と語っている。娘の誘拐から始まる物語の展開の中で演じることについて「本当に動き回っている役柄。走ったり、叫んだり、怒鳴ったり、物を蹴ったりだとか、わりと1話・2話で、本能的に追い詰められる」「(誘拐という)出来事が出来事なだけに、誘拐された娘を救うために家族が何をするのか、という本能的なところで動いている」とコメント。

これまでのドラマの撮影では前後のシーンの繋がりや関係性を考えて芝居に挑んできたが、『10の秘密』では「意図的に何も考えない」状態で挑んでいるという向井。娘の誘拐や様々な秘密に翻弄される役であるため、先を読んだ芝居になってしまうことを防いでいるとのこと。「一見簡単で、楽だと思われるかもしれませんが、僕はそういうタイプではないので、すごく不安なんです(笑)。でも、不安な状況をあえて作るようにしています」と吐露。

見どころについては、「すごく上質なサスペンスだというところと、王道のトリックももちろんありますけど『そうきたんだな』といういい意味での裏切りもいっぱいあります」「秘密が多いドラマなので、1時間の楽しみだけではなく、放送中に出た“宿題”を次の週の火曜日(放送日)までに考えていただくような作品にできればと思います」と述べている。

本日1月14日からフジテレビ系で放送される同作は、後藤法子が脚本を書き下したオリジナルドラマ。元妻・由貴子との離婚後、14歳の娘・瞳と2人で暮らす建築確認検査員の白河圭太が、「娘を預かった。命が惜しければ、元妻を探せ」という内容の電話を受けたことで、由貴子や娘に隠された秘密があることを知ってしまうというあらすじだ。大手建設会社の顧問弁護士である由貴子役に仲間由紀恵、瞳役に山田杏奈がキャスティング。

番組情報

『10の秘密』

2020年1月14日(火)21:00~カンテレ、フジテレビ系で放送
演出:三宅喜重(カンテレ)、宝来忠昭 脚本:後藤法子 音楽:林ゆうき、橘麻美 主題歌:秋山黄色“モノローグ” オープニングテーマ:女王蜂“BL” 出演: 向井理 仲間由紀恵 仲里依紗 松村北斗(SixTONES、ジャニーズJr.) 山田杏奈 高島豪志 堀田茜 河村花 佐野史郎 遠藤雄弥 藤原光博 山野海 名取裕子 渡部篤郎 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • シングルファザー役の向井理が演技を語る、フジ系連続ドラマ『10の秘密』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて