米津玄師プロデュース、Foorin“パプリカ”がセンバツ入場行進曲に

米津玄師プロデュースのFoorin“パプリカ”が、第92回選抜高等学校野球大会の大会入場行進曲に起用されることがわかった。

『第61回輝く!日本レコード大賞』大賞を獲得し、『第70回NHK紅白歌合戦』でも披露された“パプリカ”。3月19日に行なわれる開会式の入場行進曲として使用される。

今回の起用についてFoorinは「『パプリカ』が入場行進曲に選ばれたことはすごく嬉しいし、ありがたいことだと思います。『パプリカ』に合わせ、球児のみなさんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします。甲子園という大舞台に緊張するかもしれませんが、曲に合わせて、踊るような気持ちで行進してほしいと思います。球児のみなさんが行進しているところを見るのが楽しみです」とコメント。

1月22日には『第70回NHK紅白歌合戦』にも出演した英語ネイティブの5人組ユニットFoorin team Eが歌う“Paprika”を収録したCDがリリース。現在デジタル先行配信されている。

  • HOME
  • Music
  • 米津玄師プロデュース、Foorin“パプリカ”がセンバツ入場行進曲に

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて