『映画秘宝』休刊号は宇多丸、のん、斎藤工ら175人が選ぶ2019年ベスト10

雑誌『映画秘宝 2020年3月号』が本日1月21日に刊行された。

1995年に町山智浩が創刊した『映画秘宝』。25周年記念号にして休刊号となる同号では、映画監督、俳優、漫画家、作家、ミュージシャン、評論家ら175人が2019年度の年間映画「ベスト&トホホ10」をランキング形式で発表する。ベストランキングでライター、読者共に第1位に輝いたのは、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演したクエンティン・タランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

さらに、同誌に映画イラストを連載する中川翔子が描き下ろした休刊号特製イラストや、ページ数を増量した読者コーナーを掲載。「2019年ベスト映画メドレー」をテーマに長野剛が描いた表紙には、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』『ジョーカー』『アイリッシュマン』『スパイダーマン:スパイダーバース』『全裸監督』など2019年の映画シーンを彩った作品のキャラクターが登場している。

ランキング投票参加者は、町山智浩、柳下毅一郎、のん、内山昂輝、田中俊介、斎藤工、みうらじゅん、宇多丸(RHYMESTER)、小出祐介(Base Ball Bear)、大槻ケンヂ(筋肉少女帯)、松永天馬(アーバンギャルド)、黒沢薫(ゴスペラーズ)、杉作J太郎、ギンティ小林、伊賀大介、清水崇、白石晃士、入江悠、滝本誠、高橋ヨシキ、人間食べ食べカエル、LiLiCo、いのうえひでのり、片岡亀蔵、田亀源五郎、相原コージ、服部昇大、桜庭一樹、深町秋生、ぬまがさワタリ、東京トガリら。

書籍情報
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『映画秘宝』休刊号は宇多丸、のん、斎藤工ら175人が選ぶ2019年ベスト10

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて