仲野太賀×衛藤美彩がW主演 中川龍太郎監督の映画『静かな雨』予告編

映画『静かな雨』が2月7日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。予告編が公開された。

『静かな雨』は、仲野太賀と衛藤美彩のダブル主演作品。足に麻痺があり、大学の研究室で働く行助と、事故の後遺症によって新しい記憶を留めておけなくなったたいやき屋のこよみによるラブストーリーを描く。行助役を仲野太賀、こよみ役を衛藤美彩が演じる。監督は『四月の永い夢』『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎。原作は宮下奈都のデビュー作『静かな雨』となる。

予告編では、たい焼きを食べる行助とこよみの姿や、行助の額にキスをするこよみの様子、「目覚めるたびに失う昨日の記憶」というテロップなどが確認できる。そのほかキャストの三浦透子、村上淳、河瀬直美、萩原聖人、でんでんらの姿が映し出されている。

同作は『2019年釜山国際映画祭』に正式出品され、『第20回東京フィルメックス』では観客賞を受賞している。

作品情報

『静かな雨』

2020年2月7日(金)からシネマート新宿ほか全国で順次公開
監督:中川龍太郎 脚本:梅原英司、中川龍太郎 原作:宮下奈都『静かな雨』(文春文庫刊) 出演: 仲野太賀 衛藤美彩 三浦透子 坂東龍汰 古舘寛治 川瀬陽太 村上淳 河瀬直美 萩原聖人 でんでん 配給:キグー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 仲野太賀×衛藤美彩がW主演 中川龍太郎監督の映画『静かな雨』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて