国内外からジャズファンが集う岩手のジャズ喫茶「ベイシー」の記録映画

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』が、5月29日から東京・アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開される。

同作は岩手・一関で50年営業を続けるジャズ喫茶「ベイシー」のマスター・菅原正二の生き様を追うドキュメンタリー。菅原へのインタビューを中心に、渡辺貞夫、坂田明、村上“ポンタ”秀一、ペーター・ブロッツマンなどのミュージシャンによるベイシーでの生演奏や、阿部薫、エルヴィン・ジョーンズの生前のライブ映像、各界著名人へのインタビューを紹介する。さらに、菅原がかけるレコードをアナログ録音の名機と呼ばれる「ナグラ」で生収録。監督は自身がバーのオーナーでもある星野哲也。星野監督は同作の制作に5年の歳月をかけ、150時間に及ぶ映像を撮影したという。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、「その男は、レコードを演奏する。」というコピーと共に、タバコを咥える菅原の姿が写し出されている。

作品情報

『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』

2020年5月29日(金)からアップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開
監督:星野哲也 出演: 菅原正二 島地勝彦 厚木繁伸 村上“ポンタ”秀一 坂田明 ペーター・ブロッツマン 阿部薫 中平穂積 安藤吉英 磯貝建文 小澤征爾 豊嶋泰嗣 中村誠 安藤忠雄 鈴木京香 エルヴィン・ジョーンズ 渡辺貞夫 ほか 上映時間:104分 配給:アップリンク
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 国内外からジャズファンが集う岩手のジャズ喫茶「ベイシー」の記録映画

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて