約5時間半におよぶ大作 木ノ下歌舞伎『三人吉三』が5月から再演

『東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎「三人吉三」』が5月30日から東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

河竹黙阿弥が江戸時代に発表した歌舞伎作品『三人吉三』は、同じ「吉三」の名を持つ3人の盗人の因果を描いた作品。2014年に初演された『木ノ下歌舞伎「三人吉三」』は木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎)が監修と補綴、杉原邦生が演出と美術を手掛けた。

全3幕、約5時間30分に及ぶ『東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎「三人吉三」』は、木ノ下裕一が再補綴し、杉原邦生が演出と美術を続投。出演者には内田朝陽、大鶴佐助、千葉冴太、山田由梨、小日向星一、山崎果倫、緑川史絵、森田真和、田中佑弥、高山のえみ、武谷公雄、みのすけ、篠山輝信、緒川たまき、村上淳が名を連ねる。配役などの詳細は後日発表。チケットの抽選先行販売は2月15日10:00から、一般販売は3月7日10:00から開始となる。

期間中6月1日には木ノ下裕一と杉原邦生によるアフタートーク、6月4日と5日には木ノ下裕一によるアフターレクチャーを実施。詳細は同作のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎「三人吉三」』

2020年5月30日(土)~6月1日(月)、6月4日(木)~6月7日(日)全7公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
作:河竹黙阿弥 監修・補綴:木ノ下裕一 演出・美術:杉原邦生 出演: 内田朝陽 大鶴佐助 千葉冴太 山田由梨 小日向星一 山崎果倫 緑川史絵 森田真和 田中佑弥 高山のえみ 武谷公雄 みのすけ 篠山輝信 緒川たまき 村上淳 料金:一般S席7,700円 65歳以上S席6,000円 一般A席6,500円 25歳以下A席4,500円 高校生以下A席1,000円 ※未就学児入場不可
  • HOME
  • Stage
  • 約5時間半におよぶ大作 木ノ下歌舞伎『三人吉三』が5月から再演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて