ニュース

きゃりーぱみゅぱみゅが『映画クレヨンしんちゃん』で声優挑戦&応援大使

きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』にきゃりーぱみゅぱみゅが声優として出演することがわかった。

『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作となる同作の舞台は、地上の落書きをエネルギーにして浮かぶ王国・ラクガキングダムに進撃された埼玉・春日部。主人公の野原しんのすけが、王国の秘宝「ミラクルクレヨン」で描いたブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもんと共に、ラクガキングダムの王国軍から地球を守ろうとする姿を描く。監督を『ラブライブ!』の京極尚彦が務め、『そこのみにて光輝く』の高田亮と共に脚本を手掛けた。公開は4月24日。

これまでにテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』のオープニングテーマや、『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌を担当し、テレビアニメ版では本人役として出演もしたきゃりーぱみゅぱみゅ。『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』製作陣は、NHK Eテレの番組『u&i』のキャラクター・メッチャカの声をきゃりーぱみゅぱみゅが担当していることを知って出演をオファーしたとのこと。

きゃりーぱみゅぱみゅが演じるのは、ラクガキングダムの姫役。防衛大臣の地上への侵略を阻止するため、王国の宝である「ミラクルクレヨン」をしんのすけに託すというキャラクターだ。

また、きゃりーぱみゅぱみゅが同作の様々なプロモーションを行なう「ラクガキ応援大使」に就任したことも発表。活動内容は後日明らかになる。

きゃりーぱみゅぱみゅのコメント

以前TVアニメシリーズで本人役として素のままで出させていただきましたが、
今回はお姫様役で本格的に声優に挑戦するので、これまでとは違った一面を楽しんで出来たらいいなと思います。
テストで100点を取るとお父さんが原作漫画を1巻ずつ買ってくれて、小学生のころから集めて読んでいたしんちゃん。
苦手な勉強を頑張らせてくれたしんちゃんは私にとってまさに“救いのヒーロー”です!
しかも本作では、漫画に登場しているエピソードをもとに今回映画化されるということで、しんちゃんのファンとして嬉しいですし、ずっとしんちゃんが好きな皆さんにも楽しんでいただけると思います!

テレビ朝日プロデューサーのコメント

これまでテレビシリーズに映画にと、素敵な主題歌たちで作品に彩りを添えてくださった、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、再びこの世界に帰ってきてくださいました!
今回、原点回帰の意味も込め、原作にあるエピソードから着想を得て企画を立ち上げたのですが、同じく原作から「クレヨンしんちゃん」の大ファンでいてくださるきゃりーさんに、声優という新しい形でご参加頂くことが叶い、ますます深~いおシリあいになれるかと思うと、これほど心強いことは有りません!
今回演じて頂くラクガキングダムのお姫様は、一見幼く頼りなさそうに見えるものの、その実とても正義感に溢れ、行動力のある、芯の強い役どころです。
以前、他局の番組でキャラクターの声を務めているのを拝聴した際、可愛らしくてピュアな声色にも関わらず、わざとらしかったり子供っぽくなりすぎたりしない、年齢不詳なこの声の持ち主は誰だろう!と驚いたのですが、後にそれがきゃりーさんだと知り、いつかご一緒出来たらと夢見ていました。
声優本格チャレンジとなる本作ですが、きゃりーさんにしか表現できない魅力的なヒロインがスクリーンに誕生するものと楽しみにしています!

野原しんのすけのコメント

シュシュッポッポ!シュシュッポッポ!!ポッポー!!
きゃりーちゃん、また会えて、オラとっても嬉しいゾ!
今度の映画ではラクガキングダムのお宝「ミラクルクレヨン」をオラに託してくれるお姫様役なんだよね?
きゃりーちゃんからの愛のバトン、しっかり受け止めるゾ(ハート)
しかも、オラと一緒にラクガキ応援大使もしてくれるなんて、楽しいことがいっぱい過ぎて、ドキがムネムネ~。
オラときゃりーちゃんのミラクルゥ~なコンビネーション!映画館で楽しめば~。

きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
ラクガキングダムの姫キャラクタービジュアル ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
ラクガキングダムの姫キャラクタービジュアル ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開