ニュース

きゃりーぱみゅぱみゅが『映画クレヨンしんちゃん』で声優挑戦&応援大使

きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』にきゃりーぱみゅぱみゅが声優として出演することがわかった。

『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作となる同作の舞台は、地上の落書きをエネルギーにして浮かぶ王国・ラクガキングダムに進撃された埼玉・春日部。主人公の野原しんのすけが、王国の秘宝「ミラクルクレヨン」で描いたブリーフ、ニセななこ、ぶりぶりざえもんと共に、ラクガキングダムの王国軍から地球を守ろうとする姿を描く。監督を『ラブライブ!』の京極尚彦が務め、『そこのみにて光輝く』の高田亮と共に脚本を手掛けた。公開は4月24日。

これまでにテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』のオープニングテーマや、『映画クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』の主題歌を担当し、テレビアニメ版では本人役として出演もしたきゃりーぱみゅぱみゅ。『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』製作陣は、NHK Eテレの番組『u&i』のキャラクター・メッチャカの声をきゃりーぱみゅぱみゅが担当していることを知って出演をオファーしたとのこと。

きゃりーぱみゅぱみゅが演じるのは、ラクガキングダムの姫役。防衛大臣の地上への侵略を阻止するため、王国の宝である「ミラクルクレヨン」をしんのすけに託すというキャラクターだ。

また、きゃりーぱみゅぱみゅが同作の様々なプロモーションを行なう「ラクガキ応援大使」に就任したことも発表。活動内容は後日明らかになる。

きゃりーぱみゅぱみゅのコメント

以前TVアニメシリーズで本人役として素のままで出させていただきましたが、
今回はお姫様役で本格的に声優に挑戦するので、これまでとは違った一面を楽しんで出来たらいいなと思います。
テストで100点を取るとお父さんが原作漫画を1巻ずつ買ってくれて、小学生のころから集めて読んでいたしんちゃん。
苦手な勉強を頑張らせてくれたしんちゃんは私にとってまさに“救いのヒーロー”です!
しかも本作では、漫画に登場しているエピソードをもとに今回映画化されるということで、しんちゃんのファンとして嬉しいですし、ずっとしんちゃんが好きな皆さんにも楽しんでいただけると思います!

テレビ朝日プロデューサーのコメント

これまでテレビシリーズに映画にと、素敵な主題歌たちで作品に彩りを添えてくださった、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、再びこの世界に帰ってきてくださいました!
今回、原点回帰の意味も込め、原作にあるエピソードから着想を得て企画を立ち上げたのですが、同じく原作から「クレヨンしんちゃん」の大ファンでいてくださるきゃりーさんに、声優という新しい形でご参加頂くことが叶い、ますます深~いおシリあいになれるかと思うと、これほど心強いことは有りません!
今回演じて頂くラクガキングダムのお姫様は、一見幼く頼りなさそうに見えるものの、その実とても正義感に溢れ、行動力のある、芯の強い役どころです。
以前、他局の番組でキャラクターの声を務めているのを拝聴した際、可愛らしくてピュアな声色にも関わらず、わざとらしかったり子供っぽくなりすぎたりしない、年齢不詳なこの声の持ち主は誰だろう!と驚いたのですが、後にそれがきゃりーさんだと知り、いつかご一緒出来たらと夢見ていました。
声優本格チャレンジとなる本作ですが、きゃりーさんにしか表現できない魅力的なヒロインがスクリーンに誕生するものと楽しみにしています!

野原しんのすけのコメント

シュシュッポッポ!シュシュッポッポ!!ポッポー!!
きゃりーちゃん、また会えて、オラとっても嬉しいゾ!
今度の映画ではラクガキングダムのお宝「ミラクルクレヨン」をオラに託してくれるお姫様役なんだよね?
きゃりーちゃんからの愛のバトン、しっかり受け止めるゾ(ハート)
しかも、オラと一緒にラクガキ応援大使もしてくれるなんて、楽しいことがいっぱい過ぎて、ドキがムネムネ~。
オラときゃりーちゃんのミラクルゥ~なコンビネーション!映画館で楽しめば~。

きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅと野原しんのすけ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
ラクガキングダムの姫キャラクタービジュアル ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
ラクガキングダムの姫キャラクタービジュアル ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
きゃりーぱみゅぱみゅ ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」