Netflixアニメ『バキ』第2期「最凶死刑囚編」ビジュアル&ティザーPV公開

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バキ』のビジュアルとティザーPVが公開された。

『週刊少年チャンピオン』で連載されている板垣恵介の漫画『刃牙』シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と、地上最強の生物と呼ばれる父・範馬勇次郎をはじめとする様々な格闘士たちとの闘いを描いた作品。第1部『グラップラー刃牙』、第2部『バキ』、第3部『範馬刃牙』、第4部『刃牙道』、第5部『バキ道』のほか、外伝、特別篇が発表されている。

今回アニメ化されるのは、2018年に公開された『バキ』の「最凶死刑囚編」に続いて、『バキ』の後半となる「大擂台賽編」。「最凶死刑囚編」で猛毒に侵された刃牙がその毒を克服すべく、「海皇」の称号をめぐって強者たちが争う100年に一度の武術トーナメント「大擂台賽」に挑むというあらすじだ。

公開されたビジュアルには、頬がこけ、あばら骨が浮き出た刃牙が血まみれで倒れこむ姿が描かれている。ティザーPVでは、父・勇次郎や、規格外の腕力と知力を持つビスケット・オリバ、20世紀最高のスポーツマンと称されたマホメド・アライを父に持つマホメド・アライJr.、刃牙の恋人・梢江ら「最凶死刑囚編」から引き続き登場するキャラクターに加えて、100年前の大擂台賽の覇者である郭海皇、刃牙に大擂台賽への参加を進める中国拳法の天才・烈海王の姿が確認できるほか、血を吐いて転げ回る刃牙の様子などが映し出されている。声優陣は後日発表される。

作品情報

Netflix オリジナルアニメシリーズ『バキ「大擂台賽編」』

2020年Netflixで独占配信
監督:平野俊貴 原作:板垣恵介『バキ』(秋田書店) 音楽:藤澤健至(Team-MAX) アニメーション制作:トムス・エンタテインメント 声の出演: 島﨑信長 大塚明夫 大塚芳忠 保志総一朗 雨宮天 小山力也 飯塚昭三
  • HOME
  • Movie,Drama
  • Netflixアニメ『バキ』第2期「最凶死刑囚編」ビジュアル&ティザーPV公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて