ニュース

サンボマスターが浦安で愛を叫ぶ、佐藤二朗主演『浦安鉄筋家族』主題歌担当

サンボマスター
サンボマスター

ドラマ『浦安鉄筋家族』のオープニングテーマをサンボマスターが担当することがわかった。

4月10日からテレビ東京「ドラマ24」枠で放送される『浦安鉄筋家族』は、『週刊少年チャンピオン』で25年以上の連載を続けている浜岡賢次のギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』をドラマ化するもの。千葉・浦安に住む大沢木家が巻き起こす騒動を描いたホームコメディーで、ドラマ版では佐藤二朗が演じる大沢木家の大黒柱・大鉄が主人公となる。監督は瑠東東一郎、脚本は上田誠、諏訪雅、酒井善史(ヨーロッパ企画)が担当。

オープニングテーマはサンボマスターが同作のために書き下ろした楽曲で、現在レコーディング中。サンボマスターのファンであることを公言している瑠東監督が手掛けるオープニング映像にも注目してほしいとのこと。なおサンボマスターは今年で結成20年を迎え、「サンボマスター感謝祭」と銘打った活動を実施。3月13日には配信シングル『花束』をリリースするほか、3月25日にトリビュートアルバム『サンボマスター究極トリビュート ラブ フロム ナカマ』を発売する。また4月から全国ツアー『サンボマスター感謝祭【日本列島ルーツの旅~ワンマンツアー2020~】』を開催。

山口隆(サンボマスター)のコメント

今回、ドラマ浦安鉄筋家族のオープニング曲を担当させていただき、とっても光栄で嬉しい気持ちです!どんな映像が観られるのか今からとても楽しみです。この曲がドラマを観てくださる方や出演者のみなさん、スタッフのみなさんに何かしらの幸せを運びますよーに!ドラマともども僕らの新曲もよろしくお願いいたします!

佐藤二朗のコメント

サンボマスターさんがドラマに華を添えてくれるのは、僕の個人的な経験ですと、「電車男」に続き2回目になります。大好きなアーティストゆえ、サンボマスターさんが楽曲を提供してくださると聞いた瞬間、僕は妻にハグし、チューし、ひっぱたかれました。
そんな情報はいいんですが、ソウルとパンチ、何より「愛」に溢れたサンボマスターさんの楽曲は、まさに「浦安鉄筋家族」にドンピシャ。これ以上ない心強い援軍です。

浜岡賢次のコメント

主題歌にサンボマスターさんが決まったと聞いたときは、嬉しくて酒場で何度も乾杯しました!!
オープニングに期待の塊!!アップテンポで最高!!浦安の世界観に合いそうですね。バラードだったらどーしようと思ってました。

瑠東東一郎監督のコメント

愛して止まない、尊敬すべき、って言うかクソ大好きなサンボマスターさんに曲を提供して頂けるなんて。ラブ&ピースとしか言いようがありません。サンボさんに大きな影響を受けて今の僕があります。ライブで年甲斐も無く踊り狂い。とある映像を見る度にボロボロと涙を流し。僕の物作りの根底にはサンボマスターが叫び続けている「愛と平和」がいつも流れているんです。そして今回の浦安鉄筋家族。この曲を最初に聞いた心の痺れは一生忘れないでしょう。ぶっ飛びまくったエクストリームな家族の物語。その奥にある柔らかい部分は。サンボマスターの輝くような光のロックが代弁してくれています。ロックンロールイズノットデッド!浦鉄もノットデッド!

藤田絵里花プロデューサーのコメント

今のこの大変な状況にある世の中だからこそ、1秒でも早く、この楽曲を世に届けたいと思いました。いただいた音源を、このロケの行き帰りでも毎日聴いて励みにしております。とにかくハチャメチャでも、たくましく明るく生きている大沢木家とマッチすると思います。こんな素敵な楽曲を提供してくださったサンボマスターさんに大感謝です。お楽しみにしていてください!

『浦安鉄筋家族』キャスト一覧 ©浜岡賢次(秋田書店)1993
『浦安鉄筋家族』キャスト一覧 ©浜岡賢次(秋田書店)1993
『浦安鉄筋家族』ロゴ
『浦安鉄筋家族』ロゴ
「サンボマスター感謝祭」ロゴ
「サンボマスター感謝祭」ロゴ
画像を拡大する(4枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性