阿部寛主演、三田紀房『ドラゴン桜2』がドラマ化 TBS「日曜劇場」で夏放送

三田紀房の漫画『ドラゴン桜2』がドラマ化。今夏にTBS「日曜劇場」で放送される。

『ドラゴン桜2』は、弁護士・桜木建二が平均偏差値36の龍山高校の生徒たちを東大合格に導く姿を描いた『ドラゴン桜』の10年後が舞台。落ちこぼれ校となった龍山高校に桜木が顧問として復帰し、再び生徒たちを東大合格に導くべく奮闘するというあらすじだ。

桜木建二役を演じるのは、2005年放送のドラマ『ドラゴン桜』に引き続き阿部寛。ドラマ化を記念して3月16日までKindleストアで『ドラゴン桜2』1巻の無料キャンペーンが実施されているほか、Paraviでは本日3月10日からドラマ『ドラゴン桜』が配信されている。

三田紀房のコメント

「ドラゴン桜」新作ドラマをお届けできることを、とても嬉しく思います。今の時代はITやSNSをフルに活用した勉強の仕方となり、受験の世界は15年前と比べて激変しています。
それでも、子供たちが目標に向かって懸命に努力する姿は変わらない。何が変わり、何が変わらないのか、パート1と見比べるのも面白いのではないでしょうか。
日曜日の夜、ご家族ご一緒に楽しんでいただければ幸いです。

阿部寛のコメント

前作から15年経って、再び桜木建二を演じさせていただくこととなりました。
この15年で受験生や学校を取り巻く環境は大きく変わりました。
当時の常識が、今は通用しません。
そんな現代においても、バカとブスほど東大に行け!と、ひとつもぶれることなく生徒を指導する桜木の姿を信じています。今作も桜木なりの最短距離なやり方で、東大合格に挑んでいきます。ぜひご期待ください。

番組情報

『ドラゴン桜2(仮)』

2020年夏毎週日曜21:00~21:54にTBS系で放送 原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(講談社) 出演:阿部寛
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 阿部寛主演、三田紀房『ドラゴン桜2』がドラマ化 TBS「日曜劇場」で夏放送

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて