ニュース

アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』に山寺宏一&小木博明、歌はヨルシカ

左から山寺宏一、猫店主キャラクタービジュアル、小木博明(おぎやはぎ)、楠木先生キャラクタービジュアル © 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
左から山寺宏一、猫店主キャラクタービジュアル、小木博明(おぎやはぎ)、楠木先生キャラクタービジュアル © 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の追加キャストと主題歌が発表された。

『ペンギン・ハイウェイ』のスタジオコロリドによる第2弾長編アニメーション映画となる同作は、愛知・常滑を舞台にした青春ファンタジー。猫に変身できる不思議な面を手に入れた中学2年生の「ムゲ」こと笹木美代は、猫の姿になって思いを寄せる日之出賢人に会いに行き、次第に心を通わせるようになるが、やがて「猫」と「自分」の境界が曖昧になってしまうというあらすじだ。自由奔放なムゲ役とムゲが変身する猫の太郎役に志田未来、ムゲのクラスメイト日之出賢人役に花江夏樹がキャスティング。6月5日から公開される。

新たに声の出演が発表されたのは山寺宏一と小木博明(おぎやはぎ)。山寺宏一はムゲを猫の世界へと導く猫店主役、小木博明はムゲと日之出の担任・楠木先生役を演じる。花江は山寺に憧れて声優界入りしたという。また楠木先生は、同作の演出家が小木のファンという理由からもともと小木本人をイメージして作られたキャラクターとのこと。

主題歌はヨルシカの書き下ろし楽曲“花に亡霊”。ヨルシカが映画主題歌を手掛けるのは初となる。同曲のリリースについて現時点では明らかにされていない。

今回の発表とあわせて本予告編と本ビジュアルが公開。ヨルシカの“花に亡霊”を使用した本予告編では、日之出が猫の太郎を抱きかかえて「大好きだよ、太郎」と笑みを浮かべる姿をはじめ、ムゲの「太郎だったら、こんなに好きになってくれるんだね」という言葉、猫店主が「人間に戻ったって苦しいことだけさ」と口にする場面、ムゲの「私、私本当は……人間に戻りたいの!」という叫びなどが確認できる。

本ビジュアルには、日之出を背後から見つめて微笑むムゲの姿などが写し出されている。

山寺宏一のコメント

出演が決まった時の気持ち
作品の内容を知る前に、主演が志田未来さんと花江夏樹君だと聞き、共演出来る事を嬉しく思いました。花江君は嫉妬する程の活躍をみせている事務所の後輩。
志田さんは「女王の教室」から注目していた大好きな女優さんで、この作品においてもその天才振りを発揮していて、ますますファンになりました。

猫店主というキャラクターについて
不気味で、トボケてて、掴みどころが無い、なんともユニークなキャラクターです。演じていて本当に楽しかったです。

ファンへのメッセージ
主人公二人の揺れ動く心情、日常の風景、摩訶不思議な猫の世界、どれもが繊細かつ丁寧に描かれている素敵な作品です。悩み多き多感な10代はもちろん、いろんな世代の方々に観て頂きたいと思います!

小木博明(おぎやはぎ)のコメント

出演が決まった時の気持ち
僕をキャスティングしてくれるスタッフの気がしれないと思いました(笑)。前回アフレコした時は海外作品だったので、現場に海外スタッフが多く、イントネーションとか通訳をかいしてやったのでその時はリラックスしてできましたが、今回は日本のアニメーションだったから日本のスタッフがたくさんいて緊張しました。

楠木先生というキャラクターについて
実は最初オファーをいただいたときに、当て書きだということを事前にお聞きしました。キャラクターの楠木先生が眼鏡かけているし、ちょっと歳をとっていて、太った感じにみえたし、なんだかそれも僕っぽく再現されていたので、半信半疑ではありましたがその気持ちでアフレコにのぞみました。
ですので、キャラクターの見た目が僕に似ているものですから、そのまんまでやらせてもらいました。正直、アフレコを終えた今でも半信半疑です。笑

ファンへのメッセージ
ちゃんと家族で観れるような作品です。大人も子供も楽しめる作品ですし、みんなに観てほしいです。
僕は家族愛があるものが大好きなので、この作品は是非家族でも見てほしいですね。
あと、僕のところも良い先生だなと思って観てくれたらありがたいですね(笑)。こんな先生いたらいいな!みたいな(笑)。
映画なので長いかもしれませんが、映画館ではスマホを見るのを我慢してくださいね。

ヨルシカのコメント

昔から映画をよく見ます。暇になる度に邦洋問わず鑑賞するのですが、音楽と調和した一本を見た時の感動は他には代え難いものがあります。特に物語の個性と、音楽の個性がぶつかり合った作品に心惹かれます。
初め打ち合わせで監督の方に言われた言葉は「自由に作ってみてほしい」でした。ヨルシカは基本的にコンセプトが軸にある音楽を出しているバンドで、話を頂いた時は新たなコンセプトアルバムを作っている最中でもありました。
僕はその言葉が嬉しくもあのりつつ、つまりは、作品という枠組みの中で支える音楽ではなく、枠組みの外で泳ぐ自由さを求められているのだと捉えました。
今回使っていただいた主題歌はヨルシカとしての作品性をそのままアウトプットしたものでもあり、この映画の創造力とぶつかり合って輝くような、独立した二作品が綺麗に調和を保っているような、そんな景色を作る音楽になっていればと、そう願っています。映画館で鑑賞出来ることを一つの楽しみにしています。

『泣きたい私は猫をかぶる』本ビジュアル © 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
『泣きたい私は猫をかぶる』本ビジュアル © 2020「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会
ヨルシカ
ヨルシカ
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る