ニュース

「渋家」4月末までに現在の拠点を閉所&引っ越し 転居資金を募る

渋家
渋家

東京・渋谷の共同体スペース「渋家」が4月末までに現在の拠点を閉所し、退去することが発表された。

渋家は、アーティスト、DJ、クリエイターらが集うプロジェクトスペースとして2008年に始動。これまでにとしくに(huez)、ちゃんもも◎、小林健太、毒kinokopink、中島晴矢、佐藤栄祐(TAV GALLERY)らを輩出している。現在の一軒家は2011年から4軒目の拠点として入居。毎月22日に行なわれているホームパーティーは通算100回を超え、地下・クヌギでのDJや、美術展、トークイベントなどを実施している。2018年には10周年記念イベントを「MAGNET by SHIBUYA109」の屋上で開催。

今回の退去は、賃貸物件として賃貸借契約の更新交渉で合意に至らなかったために決定したという。渋家14代目代表のayano_chan(のち)は、「いままで渋家に関わってきた人たちの、数え切れない感情を、『お金がなくて渋家がなくなります。』の一言で宙に浮かせるなんて、やるせいない。まだ、何者にもならない劣等感を抱えながらも、馬鹿に遊んで、馬鹿に喧嘩して、馬鹿に騒いで、必死にもがいて必死に生きていたい。何者かになれるのを、諦められない。渋家、引っ越します」と表明している。

発表とあわせて渋家の特設サイトがオープン。歴代メンバーと、これまで渋家に携わった関係者から寄せられたコメントを随時公開している。また、新しい家の契約費と現在の家の修繕費など転居に必要な資金500万円の支援を募集しているほか、3月22日および4月22日のホームパーティーへの参加を呼びかけている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開