ニュース

梶裕貴主演ドラマ『ぴぷる』にアヤカ・ウィルソン、大原櫻子ら ポスターも

『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』ポスタービジュアル
『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』ポスタービジュアル

連続ドラマ『ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~』のフルキャスト、ポスタービジュアルが発表された。

原田まりるが雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していた小説『ぴぷる』をもとにした同作は、近未来の日本を舞台に、性交渉機能搭載の美少女AI「ぴぷる」を妻にした冴えないサラリーマン摘木健一の恋愛や結婚生活を描く作品。ぴぷるに夜の営みを拒絶されてしまった摘木健一は、ぴぷるの初期設定に問題があったことを知るが、AI研究者の深山楓にある提案をされるというあらすじだ。摘木健一役に梶裕貴がキャスティング。5月18日からWOWOWプライムで放送される。

出演が発表されたのは、アヤカ・ウィルソン、大原櫻子、忍成修吾、山田悠介、臼田あさ美、濱田マリら。

アヤカ・ウィルソンはぴぷる役、大原櫻子は深山楓役、忍成修吾は摘木と犬猿の仲の医学博士・夙川泰成役、山田悠介は夙川の幼なじみで摘木の友人でもある詫間秀介役、臼田あさ美は摘木が5年間片思いをしていた同僚・吉野凛子役、濱田マリはAIをスクラップにすることもいとわないAI会社の社長・小早川早苗役を演じる。

ポスタービジュアルには「新しい愛のカタチを問う、SFヒューマンコメディ」というコピーと共に、摘木、ぴぷる、深山の姿が写し出されている。

アヤカ・ウィルソンのコメント

出演が決定した際の気持ち
素直に嬉しかったです!
AIの役は初めてで、私が演じる「ぴぷる」が成長型AIと知り、役作りも楽しみという思いでした。何より役者として現場に携わる機会をいただけたことに感謝の気持ちでした。
最初に脚本を読んだ時の感想
AIと人間の共存をとってもコミカルでシュールな描写を交えながら展開しているのですが、現代の日常で起こるさまざまな問題にリンクしていて、共感できると思いました。
それぞれのキャラクターにかなりの癖があるのも脚本を読んでる時点で既に面白かったです。
視聴者へのメッセージ
今から10年後の近いミライに起りうるAIと人間の共存を身近に感じながら、愛と笑顔を視聴者の皆様にお届けできると嬉しいです!
ぴぷるがどんな成長をしていくか、皆様、お楽しみに。

大原櫻子のコメント

出演が決定した際の気持ち
本当に嬉しかったです!俳優、女優の仕事をしている友達や、スタッフさんも、「WOWOWオリジナルドラマおもしろくて好き!」という方が多いです。どんな作品になるのか、今からすごく楽しみです!
最初に脚本を読んだ時の感想
わたしの一話目の台詞は、結構インパクトあるなぁと。(笑)
早い段階で、わたしがどんなキャラクターか分かります。わたしをこの役にキャスティングしてくださって、嬉しいなぁと思いました。
物語は未来の話ですが、本当にこうなっていくんじゃないかなとも思わせてくれる作品。最近AIの発展すごいですから…。非現実的でもない感じも、面白いなと思います。
視聴者へのメッセージ
はじめてのWOWOWオリジナルドラマ。役作りもとても楽しくできる、遊べる役なので、トコトン楽しみたいと思います。共演者さんは初めましての方ばかりですが、どんな化学反応が起きるか楽しみにしててください!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側