ニュース

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』6月から今年限りの特別公開

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』が6月13日から東京・新宿のK's cinemaほか全国で順次公開される。

1940年にデンマーク・コペンハーゲンで生まれたアンナ・カリーナ。17歳で祖国を脱出してパリ・サンジェルマン・デプレに辿り着き、ココ・シャネルに「アンナ・カリーナ」と命名された。モデルとして活動していた彼女を見初めたジャン=リュック・ゴダールは、『女は女である』『女と男のいる舗道』『気狂いピエロ』などに起用。セルジュ・ゲンスブールはアンナ・カリーナ主演『アンナ』のために14曲の楽曲を提供した。アンナ・カリーナは1972年に「自分にリアルなことを表現したい」という思いから自ら製作、脚本、監督、出演を務めた映画をニューヨークで製作したほか、歌手として活動。2019年12月に逝去した。

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』は、アンナ・カリーナのパートナーであるデニス・ベリー監督がメガホンを取った「アンナへのラブレター」。劇中に挿入されている映画などの権利関係上、本来日本では公開できない作品だったが、プロデューサーの尽力により「今年限り」という条件で許諾されたという。また、今年3回忌を迎える寺尾次郎が日本語字幕を手掛けたデジタルリストア版『気狂いピエロ』も上映権利期間終了間近のため、同じくK's cinemaで日本最終公開される。

発表とあわせて、アンナ・カリーナの様々な表情が写し出されたメインビジュアルが公開。「シャネルが名付け ゴダールが崇め ゲンズブールが囁いた」というコピーが使用されている。

『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』メインビジュアル © Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017
『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』メインビジュアル © Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017
『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』 © Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017
『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』 © Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄