ディズニー&ピクサー新作『ソウルフル・ワールド』今夏公開、日本版特報も

アニメーション映画『Soul』の邦題が『ソウルフル・ワールド』に決定。今夏に全国公開される。

ウォルト・ディズニー・ジャパンが配給する同作の舞台は「生まれる前の魂の世界」。ジャズミュージシャンを夢見る音楽教師のジョーは、アメリカ・ニューヨークで一番有名なジャズクラブで演奏するチャンスを手に入れるが、街を歩いている最中にマンホールに落下し、人間が生まれる前に性格や才能、個性、興味を決める「魂の世界」に迷い込んでしまうというあらすじだ。全米公開は6月19日。

監督を務めたのは、『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』などのピート・ドクターと、ケンプ・パワーズ。ピクサーのチーフクリエイティブオフィサーを務めるピート・ドクター監督は、約23年の歳月をかけて『ソウルフル・ワールド』を製作したという。

発表とあわせて日本版特報映像とポスタービジュアルが公開。「どんな人間だと思われたい?」という問いかけから始まる特報映像では、「人生はあまりに短い。だから、早く本当の自分を見つけるんだ」というナレーション、ジョーがピアノを演奏する姿、マンホールの下に落ちたジョーの姿が青く光るキャラクターに変貌し、「ここはどこだ?」と困惑するシーンなどが確認できる。

青を基調としたポスタービジュアルには、「もしも『どんな自分になるか』を決める場所があったとしたら…?」というコピーが添えられている。

作品情報

『ソウルフル・ワールド』

2020年夏全国公開 監督:ピート・ドクター、ケンプ・パワーズ 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ディズニー&ピクサー新作『ソウルフル・ワールド』今夏公開、日本版特報も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて