大倉忠義が成田凌の髪に触れる、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』場面写真

行定勲監督の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の新たな場面写真が公開された。

6月5日から公開される同作は、水城せとなの漫画『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』をもとにした作品。不倫を繰り返してきた大伴恭一は、浮気調査員として現れた大学の後輩・今ヶ瀬渉から妻に不倫の事実を隠す条件として「カラダと引き換えに」と提案され、彼のアプローチに振り回されるが、徐々に2人で過ごす時間を心地よく感じ始めるというあらすじだ。広告代理店勤務の大伴恭一役に大倉忠義、約7年間恭一を想い続けていた今ヶ瀬渉役に成田凌がキャスティング。

場面写真には、スナック菓子を咥えた恭一が今ヶ瀬の髪に触れるシーンや、さとうほなみ演じる恭一の元恋人・夏生、吉田志織演じる恭一の同僚たまきの姿が写し出されている。撮影現場の大倉と成田は、行定監督の指示のもと、恋人同士のような雰囲気を作り上げていったという。

作品情報

『窮鼠はチーズの夢を見る』

2020年6月5日(金)から全国公開
監督:行定勲 脚本:堀泉杏 原作:水城せとな『窮鼠はチーズの夢を見る』『俎上の鯉は二度跳ねる』(小学館「フラワーコミックスα」) 音楽:半野喜弘 出演: 大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 大倉忠義が成田凌の髪に触れる、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』場面写真

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて