山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開

映画『劇場』の新たな場面写真が公開された。

4月17日から公開される『劇場』は、又吉直樹の同名小説を映画化するもの。劇作家を目指す主人公の永田と、彼を必死に支えようとする沙希の7年間の恋を描く。永田役に山崎賢人、沙希役に松岡茉優がキャスティング。音楽を曽我部恵一、監督を行定勲が務めた。

場面写真には、ソファーの背もたれに体を預ける沙希が永田を見つめるシーンや、沙希が永田の顎に指を添えて笑みを浮かべる様子、寛一郎演じる永田の友人・野原の姿などが写し出されている。

行定勲監督は「『劇場』について「美しいものと醜いものが映っている青春映画にしたいと思った」とコメント。同作を観賞した又吉は「“生々しさ”とか“痛み”みたいな、そういう部分を小説でも描いたつもりだったので、それが映像になると、よりいい意味で“いるな”っていう感じがしました」と語っている。

作品情報

『劇場』

2020年4月17日(金)から全国公開
監督:行定勲 原作:又吉直樹『劇場』(新潮社) 脚本:蓬莱竜太 音楽:曽我部恵一 出演: 山崎賢人 松岡茉優 寛一郎 伊藤沙莉 上川周作 大友律 井口理(King Gnu) 三浦誠己 浅香航大 配給:松竹、アニプレックス
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 山崎賢人を見つめる松岡茉優 又吉直樹原作の映画『劇場』新場面写真公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて