ニュース

『WAVES』T・E・シュルツ監督のデビュー作『クリシャ』が限定公開

『クリシャ』
『クリシャ』

長編映画『クリシャ』が4月17日から東京・アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺、京都・アップリンクで公開される。

『イット・アット・カムズ・ナイト』『WAVES /ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツのデビュー作となる『クリシャ』は、シュルツ監督の同名短編映画をもとにした作品。感謝祭に参加するために家族たちのもとへ帰ってきたクリシャは、過去の出来事を後悔し、息子トレイに自分が変わったことを証明しようとするが、やめていたはずのアルコールに手を出してしまい、やがて感謝祭も醜悪なものへと変貌していくというあらすじだ。

シュルツ監督は、実の叔母と親族との軋轢、薬物・アルコール中毒者であった父親との実体験に基づいて『クリシャ』を制作。主人公のクリシャ役をはじめシュルツ監督の親族が多数出演しており、監督自らがトレイ役を演じた。

同作は『カンヌ国際映画祭』批評家週間オフィシャルセレクションに選出され、『SXSW』長編ナラティブ部門審査員特別賞、観客賞を受賞した。ジョン・ウォーターズ監督が選んだ2016年のベスト映画で1位に挙げられたという。

発表とあわせて予告編が公開。男性とクリシャの「今まで一体どこで何を?」「いい人間になろうとしてた」というやり取りをはじめ、クリシャがトレイに「一緒に失った時を取り戻したい」と吐露する姿やボトルをあおる様子、男性がクリシャを「君は世捨て人、悲痛な存在だ。僕らの暮らしに交われるとでも? うかつな考えだ」と責めるシーン、「愛してると言って!」という叫び、クリシャが食卓で暴れる場面などが確認できる。

※新型コロナウイルス感染拡大を受けて公開延期になりました。

『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
『クリシャ』
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー