C-3PO役のアンソニー・ダニエルズが『SW』舞台裏を綴る本『私はC-3PO』刊行

アンソニー・ダニエルズの著書『私はC-3PO』が本日3月26日に刊行された。

同書は『スター・ウォーズ』シリーズ全9作品にC-3PO役で出演したアンソニー・ダニエルズによる42年間の回想録。1975年にジョージ・ルーカス監督に初めて会った時の印象や、昨年公開のシリーズ9作目『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』クランクアップ時のエピソード、C-3PO役の過酷な撮影、撮影中のハプニング、出演者とのエピソードなどが語られる。序文はJ・J・エイブラムス。

アンソニー・ダニエルズのコメント

長年にわたり、私は日本を訪れ、多くの誠実なスターウォーズファンに会うことができたことを本当に嬉しく思っています。C-3POは日本語に堪能かもしれませんが、残念ながら私はそうではありません。しかし、この本によって金色のドロイドを演じた私の物語を、日本の友人たちに楽しんでもらえることを嬉しく思います。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • C-3PO役のアンソニー・ダニエルズが『SW』舞台裏を綴る本『私はC-3PO』刊行

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて