ジョナ・ヒル初監督映画『mid90s』9月日本公開 90年代LAの若者たち描く

映画『mid90s ミッドナインティーズ』が9月4日から東京・新宿ピカデリー、WHITE CINE QUINTOほか全国で公開される。

『マネーボール』『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などに出演した俳優として知られるジョナ・ヒルが初監督を務め、『ミッドサマー』『レディ・バード』などのA24が手掛ける同作は、1990年代のロサンゼルスを舞台に、シングルマザー家庭に育った13歳の少年が、スケートボードを通してかけがえのない仲間たちと出会い、子供から大人への扉を開いていく姿を描いた作品。ヒル監督の10代の想い出をもとにしているという。

「1990年代」の雰囲気と感覚を再現するため全編16ミリフィルムで撮影されているほか、劇中にはスーパーファミコンやカセットテープ、『ストリートファイター』など1990年代を象徴するようなアイテムが登場。音楽はトレント・レズナー(Nine Inch Nails)らが担当するほか、Nirvana、Pixies、Morrissey、Seal、The Pharcyde、Wu-Tang Clan、A Tribe Called Questなど当時のヒット曲が使用される。

スティーヴィー役をサニー・スリッチが演じるほか、母ダブニー役にキャサリン・ウォーターストン、兄イアン役にルーカス・ヘッジズがキャスティング。今回の発表とあわせてティザービジュアルが公開された。

作品情報

『mid90s ミッドナインティーズ』

2020年9月4日(金)から新宿ピカデリー、WHITE CINE QUINTOほか全国で公開
監督・脚本:ジョナ・ヒル 音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス 出演: サニー・スリッチ キャサリン・ウォーターストン ルーカス・ヘッジズ ナケル・スミス 上映時間:85分 配給:トランスフォーマー 
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジョナ・ヒル初監督映画『mid90s』9月日本公開 90年代LAの若者たち描く

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて