ニュース

『CROSSING CARNIVAL'20』開催中止が決定 次のアクションを模索

『CROSSING CARNIVAL'20』ビジュアル
『CROSSING CARNIVAL'20』ビジュアル

音楽イベント『CROSSING CARNIVAL'20』の開催中止が決定した。

CINRA.NET主催の同イベント。今回は「変化」をテーマに据えて、5月16日にTSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、WOMB LIVE、clubasia、7th FLOORの7会場を舞台に、過去最大規模で行なわれる予定だった。

開催中止は新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもの。来場者や出演者、関係者やイベント運営サイドの安全を最優先に考え、開催するべきではないと判断した。

購入したチケットは全て払い戻しとなる。払戻期間は4月10日から5月17日まで。各プレイガイドで実施する。LINE TICKETのみ4月24日から5月17日までとなる。詳細は『CROSSING CARNIVAL'20』およびSMASHのオフィシャルサイトで確認してほしい。

主催者のコメント

『CROSSING CARNIVAL'20』は本来、渋谷のライブハウス7会場での開催を予定していましたが、中止を決断すると同時に、関係各所と慎重に協議を重ね、世の中の状況を注視しつつ、次のアクションについて可能性を模索しています。

現状の補償なき自粛によって、経営的にも経済的にも厳しい状況に追い込まれる関係者・アーティストが増え続けていることで、事態が収束したとしても音楽・芸術文化の基盤が壊滅的なダメージを負ってしまうことも現実味を帯びつつあります。

こうした状況のなか、『CROSSING CARNIVAL'20』がイベントの中止判断後も別のアクションを模索しているのは、カルチャーメディアとしての社会的役割を果たすためです。音楽や芸術文化がなければ、アーティストやカルチャーのために従事されている関係者の方々がいなければ、私たちCINRA.NETは存続することも、心が踊り出すような感動をみなさまとともに味わうこともできません。

残念なことに現実としては、ライブハウスを介した感染が発生し、広く報道されたことで、世の中にネガティブなイメージだけが広がってしまいました。そういった非常に厳しい状況ですが、音楽や芸術文化には、あり得ないことを実現させたり、通常時では考えられないような巨大な連帯を生み出したりしてきた歴史と力があることを我々は知っています。見通しも立たず、楽観視も一切できないからこそ、ポジティブかつ社会的意義のあるメッセージを発し、アクションを起こすことを通じて、世の中の空気を少しでもよくし、音楽・芸術文化に貢献することが私たちの役割と考えています。

すでに具体的に動いていらっしゃる方やアーティストの方々も存じ上げておりますが、そういった人たちとの協同も視野に入れてアクションを起こし、音楽や芸術文化、エンターテイメント業界に、少しでも恩返しができたらと考えております。

アクションの具体的な内容につきましては、目処が立ち次第、改めてアナウンスさせていただきますので、少々お待ちいただけましたら幸いです。

最後になりますが、新型コロナウイルスに感染してお亡くなりになられた方に哀悼の意を表するとともに、御遺族の方には心よりお悔やみ申し上げます。また、現在闘病中の方が一日でも早く回復されることを、ひいてはこの厳しい事態が収束することを願っております。

必ず、また笑顔で会いましょう。

CINRA.NET編集長 柏井万作
CINRA.NET編集部一同

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』