日暮愛葉の新作『A』本日発売 Chara、YUKI、永井聖一、ミトらがコメント

日暮愛葉(Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her)のニューアルバム『A』が本日4月15日にリリース。著名人からのコメントが到着した。

日暮愛葉にとって約2年半ぶりのソロアルバムとなる『A』は、日暮、GuruConnect(skillkills)、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)の共同プロデュース作品。配信版には全10曲、CDにはボーナストラックとして“Shining all over (High school classic ver.) ”を加えた全11曲を収録する。マスタリングエンジニアはクリス・アセンズが担当。

今回コメントを寄せたのは、Chara、出戸学(OGRE YOU ASSHOLE)、永井聖一、中野敬久、ミト(クラムボン)、YUKI。

Charaのコメント

エレキの音もシンセの音も声の倍音も
少し日に焼けたシルクのリボンとベルベット、ゴールドのラメとお気に入りのフワフワなファーとアニマル柄と、エナメルの光沢と編みタイツとハート柄と涙と全部が詰まって織りなしてる感じがした
とてもpopで怖くない!でも繊細さが響くね
マスタリングとエンジニアの仕事も含めてフレーズや音色のチョイスも、愛葉は進化し続けて余分な物がなくなって来てて、音楽そのものなんだね
必要な音に物凄く本物の命を吹き込んでるんだな
この独特の完成度がすきだし
いいアルバムだね

出戸学(OGRE YOU ASSHOLE)のコメント

あぶない場所で歌って、ギリギリ壊れてない作品。
あえて揺さぶることが大切なんだと思いました。

永井聖一のコメント

僕は愛葉さんの音使いのセンス(当て勘)を尊敬しています。
軸はブレないまま、いつも新しいチャレンジをしてる。
今回は一際いいメロディとカッコいい瞬間がたくさん。

中野敬久のコメント

『A』
シンプルでいて可憐に研ぎ澄まされた音と言葉が光輝いて、密度を生してる。
それはまるであのぬいぐるみたちのように愛おしい。

ミト(クラムボン)のコメント

僕にとっての〈Mrs.“A”lternative〉は、どう考えたって愛葉さんだけ。

YUKIのコメント

Happy birthday new you
愛は枝分かれして葉をつける
そろそろドアを叩いてみて
花が咲くよ!


リリース情報

日暮愛葉
『A』

2020年4月15日(水)リリース
1. Seven seas 2. Turn me on 3. Shining all over feat. Gotch 4. Child 5. Song A 6. Sympathy 7. Wonk 8. Je t'aime 9. HEAT 10. Tell me Call me ※Shining all over (High school classic ver.) はCDにのみ収録

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 日暮愛葉の新作『A』本日発売 Chara、YUKI、永井聖一、ミトらがコメント

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて